vsphere web client (flash 廃止) 32

vSphere Web Client in vSphere 7 In vSphere 7, the vSphere Client (HTML5) is the only client to manage all the vSphere workflows. vSphere Web Client (Flex/Flash バージョン) . Inherently, Internet Explorer 11 will also allow this. Adobe Flash Player からの移行や、2020 年以降に依存する可能性のある基幹業務アプリケーションの継続的なサポートを必要とする企業向けに、Adobe はいくつかのサポートオプションを提供しています。詳細は、AdobeのBlogをご覧ください。, このようなお客様を支援するために、Microsoft Edgeは、アドビフラッシュプレーヤーがインターネットエクスプローラモード機能を介してプラグインとしてロードすることを許可します。本質的に、インターネット エクスプローラ 11でもこの機能が許可されます。マイクロソフトから切り替えを行うと、他のサードパーティ製のプラグインとして扱われ、マイクロソフトからカスタマーサポートを受け取ることはできません。, EdgeのIEモードでプラグインをロードはできますが、Adobeは2021年以降、Flash Playerを配布しないと言い切っています。. ホームページ初心者・レンタルサーバー初心者の方でもレンタルサーバーを100%使いこなす情報を徹底調査します。. 将来、vSphere Web Client (Flash) は、Windows 用の vSphere Client (C#) と同じように廃止される予定 (非推奨になった) ので、これからは vSphere Client (HTML5) がメインになると思います。 vSphere 7.0 では、vSphere Client で利用可能な機能を活用できます。 As previously announced in July 2017, Adobe will stop updating and distributing Flash Player after December 31, 2020. For more details, please visit the blog posted by Adobe. 2016年5月18日 VMware は、VMware vSphere 6.5 から「vSphere Client(C#クライアント)」が使用できなくなると発表しました。, Goodbye vSphere Client for Windows (C#) – Hello HTML5, https://blogs.vmware.com/vsphere/2016/05/goodbye-vsphere-client-for-windows-c-hello-html5.html. 使用するブラウザが vSphere Web Client をサポートしていることを確認します。 vSphere Web Client 6.5 を使用するには、Adobe Flash Player v. 16 ~ 23 が必要です。最高のパフォーマンスとセキュリティ修正を得るには、Adobe Flash Player 23 を使用してください。 VMware discussed the topic in this Flash 版 vSphere Web Client が将来廃止の予定に. vSphere 7.0 では、vSphere Client で利用可能な機能を活用できます。Flash ベースの vSphere Web Client は廃止され、使用できなくなりました。詳細については、「Goodbye, vSphere Web Client」を参照してください。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); VMware vSphere 6.5 からは「vSphere Web Client (Flash)」がメインになりました。, そして「vSphere Client (C#)」は VMware vSphere 6.5 からは使用できなくなりました。, 個人的には C#版の「vSphere Client」は非常に使い勝手が良くて気に入っていましたが、「インストール型」ということで「ブラウザ型」に移るのは時代の流れとしてしょうがないと思っていました。, 他には「vSphere Client (HTML5)」がありますが、「VMware vSphere vCenter」にアクセスをすると下図のように「vSphere Client(HTML5) - 一部の機能」と表示があります。, 「一部の機能」と但し書きがついているので、普段は「vSphere Web Client (Flash)」の方をメインに使用していました。, Flash版 vSphere Web Client はまあまあ使い勝手は良かったものの、常にアップデートが必要だったり、会社環境やブラウザ環境によっては「Flash」をインストールできなかったりと制約がありました。, さらに、時折下図のように Flash のプラグインのアップデートの結果、ログインすらできなくなることもありました。, Google Chrome でログインをしようとすると下図のように「Shockwave Flash has crashed.「再読み込み」」とエラーが出力されてログインできません。, Firefoxの場合は下図のように「Adobe Flash プラグインがクラッシュしました。ページ再読み込みしてください。」というエラーメッセージが出力されてログインできません。, 問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。プログラムは閉じられ、解決策がある場合は Windows から通知されます。」, 上記のようにFlashがクラッシュすることによる vSphere Web Client(Flash)へのログイン不可の現象に対する対処方法は以下に説明があります。, Shockwave Flash crashes with vSphere Web Client 6.x (2151945), https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2151945, IEの場合は根本的な解決策はまだ出てなく、一時的な回避策としては「Shockwave Flash」のバージョンを下げる(元の低いバージョンにダウングレードする)方法になります。, Firefoxの場合は「pepflashplayer.dll」を入れ替えることで対処が可能です。, 3.以下のURLへアクセスをしてファイル(fp_27.0.0.159_archive.zip)をダウンロードします。, https://fpdownload.macromedia.com/pub/flashplayer/installers/archive/fp_27.0.0.159_archive.zip, 4.「fp_27.0.0.159_archive.zip」ファイルをダウンロードしたら一旦 Firefox を閉じます。, 5.「fp_27.0.0.159_archive.zip」を解凍して「fp_27.0.0.159_archive\27_0_r0_159」ファイルをダブルクリックしてインストールします。, 6.「コントロールパネル」-「Flash Player(32ビット)」をダブルクリックして「Adobe Flash Player」の自動アップデートを無効にします。, 7.Firefoxを起動して「vSphere Web Client」へアクセスします。, Google Chromeの場合も「pepflashplayer.dll」を入れ替えることで対処可能です。, 1.以下のURLにアクセスをして「pepflashplayer.7z」をダウンロードします。, https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/attachment?aid=307292, 2.ダウンロードした「pepflashplayer.7z」を解凍して「pepflashplayer.dll」があることを確認します。, C:\Users\%username%\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\PepperFlash\27.0.0.170\, 4.元の「pepflashplayer.dll」を「pepflashplayer.old」にリネーム(名前変更)します。, 5.ダウンロードした「pepflashplayer.dll」ファイルを以下のフォルダにコピーします。, 6.Google Chrome で「vSphere Web Client」にログインします。, 定期的に上記のようにFlashのアップデートなどでvSphere Client管理画面にログインできなくなるのはVMwareの運用に支障が出ると感じていましたが、先日(2017年8月25日)以下のニュースがありました。, https://blogs.vmware.com/vsphere/2017/08/goodbye-vsphere-web-client.html, 私としては VMware は Flash 版 vSphere Web Client には力を入れてほしくなかったので朗報です。, あとはなるべく早く VMware 社に「vSphere Client(HTML5)」の全機能版をリリースしてほしいところです。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. 明らかなように、vSphere Web Clientは、間もなく廃止されるAdobe Flashを使用しています。2020年12月までに、アドビはFlashのサポートを停止し、すべてのブラウザーベンダーがこのスケジュールに沿ってFlashの実行を無効にします。 vSphere Web ClientのFlash版の件が話題になっているようですが。 vhoge.hateblo.jp 今日現在の Flash Player ですが既に Player 側で制限がかけられており、インターネット接続云々関係なく、EOL と同時に Flash は使えなくなる。vSphere Web Client はインターネットと隔離されたネットワーク環境なので、同 … Once you make the switch from Microsoft provided Adobe Flash Player, it will be treated as any other third-party plug-in and will not receive Customer Support from Microsoft. To aid such customers, Microsoft Edge will allow Adobe Flash Player to load as a plug-in via the Internet Explorer mode feature. For enterprises seeking assistance with moving away from Adobe Flash Player or needing continued support for line of business applications that may be dependent on it after 2020, Adobe is providing some support options. (日本語訳)2017 年 7 月に発表したように、2020 年 12 月 31 日以降、FlashPlayer の更新と配布は停止します。, つまり、Microsoftは、2021年初頭からWindows UpdateでFlash Playerの削除を行う更新プログラムを配布するがあくまでもオプションです。, 2021年夏ごろになったらオプションではなく、累積アップデートの一部として実施するので、強制的に削除してしまいます。, ブラウザ側においてChromeやFirefox、Edgeは2020年末で、Flash Playerを使えなくしてしまいますが、例外的にEdgeのIEモードだけはFlash Playerをプラグインとして読み込めます。, でも、2021年以降はFlash Playerそのものを入手できなくなるので、とにかくローカルから削除したらいけない。削除されたら再インストールする手段はありません。, 来年夏のWindows Updateに影響を受けないようにするための方法は、Adobeからサポートを受けて対応してください。, (一方、Adobeは、継続サポート窓口としてHARMANという会社を紹介しているようです), まあ、もうそんなん使うなよ、という一般の理解はわかりますが、vCenterが6.7以上になるといろいろ困る人がいるんです。私とか。, この話って Edge のプラグインのロード可否の話であって、結局 Edge が PPAPI 経由で Flash Player を呼び Flash Player 側の方でブロック制御に引っ掛かるのでダメってことなんじゃないかな…EOL 以降、ブラウザ側で完全に Flash が無効化された際、上記の法人サポート対応で更新された Flash Player をブラウザから呼ぶ場合に使われる話なのではないかなーと。, なるほど・・。サポートを結ばなければいけないとするとそう簡単な話ではなさそうです(年末までにMSが何か考えてくれるかもしれないですが・・)。, 上記記事に、Flash Player側のconfig変更でしのげる話が載っています。, クラウドではたらくインフラエンジニアのorangeitemsが日々気になったことを気まぐれに書いています。, OJT (on job training) を正しく取り組めば、人は育つと考える理由, vSphere Web ClientのFlash版は実質2021年夏まで使える(追記あり), よいまとめ→「Oracle Java SEの有償化に伴うOpenJDKへの切り替えの案内」, 「システムエンジニアになるなら、辞めるまで勉強の連続。勉強を止めたら退場。」の意味. VMware vSphere Client. 定期的に上記のようにFlashのアップデートなどでvSphere Client管理画面にログインできなくなるのはVMwareの運用に支障が出ると感じていましたが、先日(2017年8月25日)以下のニュースがありました。 Goodbye, vSphere Web Client! 「Adobe Flash Player」のサポート期間が2020年12月末で終了する件は、Chromeを起動すると上部でアピールしてくるので誰しもご存知かと思います。, 「Adobe Flash Player」のサポート期間が2020年12月末で終了するのを控え、米Microsofが、同社のウェブブラウザー製品における対応予定についての最新情報を発表。ユーザーや企業にあらためて注意を呼び掛けている。, Flash Playerの提供元のAdobeは2017年7月、利用者の減少や、HTML5、WebGL、WebAssembly版への切り替えを理由として、2020年12月31日にFlash Playerのサポートを終了することを発表していた。, で、VMware利用者ならわかると思いますが、vSphere Web ClientがFlashベースで作られており、現行主力の5.5、6.0、6.5利用者辺りは、どうなるんだろこれ、って思われているかもしれません。もしくは、Chromeは年末で削除するのはわかった、でもIE11からならアクセスできるでしょ、と思われているかもしれません。, しかし・・、この記事にあります通り、IE11自体からも2021年夏には使えなくなる模様。光明としては、, Flash Playerに依存する基幹業務アプリケーションを2021年以降に利用する場合には、Adobe社の継続サポートを利用可能。Microsoft Edgeでは、Internet Explorerモードで実行する場合にAdobe Flash Playerをプラグインとして読み込めるようにするという。, ということで、やたら面倒なことになりそうなので、VMwareでFlashを使わないでもよくなる方法、ということで文書を紹介しておきます。, 明らかなように、vSphere Web Clientは、間もなく廃止されるAdobe Flashを使用しています。2020年12月までに、アドビはFlashのサポートを停止し、すべてのブラウザーベンダーがこのスケジュールに沿ってFlashの実行を無効にします。この廃止により、ブラウザが最新バージョンにアップグレードされたときに、お客様の環境でFlashクライアント(vSphere Web Client)が機能しない可能性がある約11か月の期間があります。, VMwareの推奨事項は、vCenter ServerをvSphere 6.7 Update 3にアップグレードし、HTML5ベースのvSphere Clientを使用してvSphere環境を管理することです。Flash Clientのサポート性に対処する方法として、ESXiホストを6.7バージョンにアップグレードする必要はありません。6.7 vCenter ServerはvSphere 6.5 ESXiホストを管理できることに注意してください。, ですから、とりあえずvCenter 6.7 Update 3にvCenterを移行してしまえば、HTML5ベースのvSphere Clientを利用し続けられる・・ということです。, vCenter Server6.7 では、ESXi バージョン 6.0 または 6.5 のホストを ESXi 6.7 ホストと同じクラスタで管理できます。vCenter Server 6.7 は ESXi 5.5 以前のバージョンのホストを管理できません。, Flash断ちをするためには、vCenterは6.7u3以上、ESXiは6.0以上ということになりそうです。, ・・が、バックアップにVDP (VMware Data Protection)を使っている人は注意。VDPはvSphere 6.5までしかサポートされていないので、vCenterを6.7に上げるということはVDPが実質サポートされなくなるということを示しています。, でも、vCenterが6.5のままだと、Flash断ちできず、HTML5ベースのvSphere Clientは不完全・・。システムバックアップをVDPから脱却するという重荷を、Flash断ちのために背負わされるということになります。, ということで、Microsoftが何とか新EdgeのIEモードでFlashを使えるようにしてくれることを願うしかなくなっている現状。Flashベースの管理画面がVMware以外にどれぐらい残っているかわかりませんが、世の中の人々はFlashがそこまで基幹システムに入り込んでいるなんて、想像だにしていないでしょう。, VMwareがFlashを一時的にでも選んでしまったばかりに、VMware利用者は2021年になった途端、慌てふためくのが目に見えます。, クラウドではたらくインフラエンジニアのorangeitemsが日々気になったことを気まぐれに書いています。, OJT (on job training) を正しく取り組めば、人は育つと考える理由, よいまとめ→「Oracle Java SEの有償化に伴うOpenJDKへの切り替えの案内」, 「システムエンジニアになるなら、辞めるまで勉強の連続。勉強を止めたら退場。」の意味. vSphere Web ClientのFlash版の件が話題になっているようですが。, 今日現在の Flash Player ですが既に Player 側で制限がかけられており、インターネット接続云々関係なく、EOL と同時に Flash は使えなくなる。vSphere Web Client はインターネットと隔離されたネットワーク環境なので、同じ環境から塩漬け Flash Player 使えば大丈夫だろうと考えていても年明け早々に使えなくなってしまうわけです。。。, Flash Playerに依存する基幹業務アプリケーションを2021年以降に利用する場合には、Adobe社の継続サポートを利用可能。Microsoft Edgeでは、Internet Explorerモードで実行する場合にAdobe Flash Playerをプラグインとして読み込めるようにするという。, 2021年に、Microsoft EdgeでのInternet Explorerモードで、Adobe Flash Playerをプラグインとして読み込めるんだという情報がはっきりすれば、一安心です。, Options for continued support for enterprise customers.

Obs プラグ イン おすすめ 22, ナルト カカシ 小説 裏 15, 200 系 クラウン 車高調 取り付け工賃 6, ヤリスクロス ワン 速 7, 嵐 Sugar パクリ 11, バイク Etc助成金 2020 北海道 5, Apex シーズン5 マップ 56, Pubgモバイル くねくね 撃ち 12, 出産 100万 いつから 4, Solidworks マクロ ショートカット 7,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *