vba dictionary あいまい検索 5

②B列のデータ(キー)「勘定科目」を1件ずつ確認して既に登録されていないかを確認します。, 【新規登録の場合】 Excel VBAのページへ戻る マニュアルのトップページへ戻る トップページのメニューへ戻る Like演算子. ワークシート名・・・「合計表」. ワークシート名・・・「データ一覧」には、A列「支店名」・B列「勘定科目」・C列「金額」 A列の「銀行コード」が重複登録されています。このA列のデータを元に、D列に重複データの無い「銀行コード」データ(キー)とアイテム部分「銀行名」をE列に表示させます。, 【プログラム説明・処理手順】 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". Dictionaryはコレクションのひとつで、 要素をキーと値で保持するオブジェクトです。 【名前空間】System.Collections.Generic.Dictionary 【対応バージョン】VB 2005以降. Dictionary(連想配列)って使ってますか? 連想配列はJavaScript、PHP、Pythonなどの言語でも使われていて、VBAでもDictionaryオブジェクトとして使うことができます。連想配列はキーとデータをセットで格納することができます。 この記事では、Dictionary(連想配列)について 今回はDictionary(連想配列)の使い方をご説明します。 Dictionaryは字のごとく、辞書の様に扱います。 Key(キー)とItem(データ)をセットで格納して、リストなどを作成するときに使用します。 Dictionaryは処理が非常に高速ですが、記述方法によってはとても遅くなります。 仕事の事・育児の事・投資の事について発信していきます(^^)/ Twitterもやっているので、よかったらフォローお願いします。, よくわかる 仕事に使えるExcel関数ブック 2016/2013/2010/2007 対応, WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績2020年11月1週【+24,412円】, WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績2020年10月4週【+3,208円】. Dictionary オブジェクトの中から検索するキーの値を指定します。 Itemsメソッド [object.Items] Dictionary オブジェクトのすべての項目に含まれる配列を返します。 Keysメソッド [object.Keys] Dictionary オブジェクトにあるすべてのキーに含まれる配列を返します。 Copyright © 2020 AKIRA SITE(EXCEL VBA初心者・入門者向きサイト) All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 中小法人、個人(事業主・一般の個人)を税務・会計の面でサポートさせて頂いております。, 地方の会計事務所勤務で、現状 建設業、製造業、旅館業など雑多な業種の対応を経験しております。, また、元エンジニアという職歴を活かし、ITを使った業務効率化(Excel、VBA などのプログラミング)についてのサポートもさせて頂いております。, 日々、ブログで税務・会計とIT を使った業務効率化について情報提供致します(ブログは最大で月間 11万PV 達成)。. ③辞書登録(配列に登録)されている一覧データをB列に転記します。, 下記のサンプルプログラムは、上記のサンプル②と同じ重複データを削除するサンプルプログラムです。今回のサンプルプログラムは、キーとアイテムに部分にデータを登録を行い、キーデータ部分に対して重複データの削除を行います。 ④F列・G列の最終行に合計値を記入して、集計された勘定科目範囲に、囲線を引きます。, 下記のサンプルプログラムは、選択したデータを読み取り、重複データ(勘定科目)の削除を行い、勘定科目ごとに金額を集計するサンプルプログラムです。全体的な処理内容は、サンプル④と同じような作りですが、今回は、集計方法を「支店名+勘定科目」の組み合わせで集計を行い、結果を別シートに作成します。, 【プログラム説明・処理手順】 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); Excel の IF 関数と VBA の IF 文(IF ステートメント)の使い方. Excel でよく使う関数の1つに IF 関数があります。そして、VBA でも同様に IF文(IF ステートメント)というものがあります。この両者を使えば同じ計算をすることができ、VBA を新たに学習し始めた方にとっては関数と照らし合わせながら学習すると効果的です。今日は... 以下については、リンク先よりお願い致します。----------------------------------------------------------------, Like によるあいまい検索で現金出納帳の摘要から科目を割り当てる VBA コード, 3、まとめ ②A列のデータを1件ずつ確認して既に登録されていないかを確認 Twitter フォローボタン: ①A列のデータ(勘定科目)を全て読み取ります。 ※キー部分は、重複登録不可 こんにちは、業務自動化ツール開発担当の吉池(@valmore_myoshi)です。, 今回はキーと値をまとめて管理できるDictionaryオブジェクトを取り上げます。データをまとめて管理する方法として配列やCollectionオブジェクトを解説してきましたが、Dictionaryオブジェクトは一味違います。, 本記事では、Dictionaryオブジェクトの基本はもちろん、配列やCollectionオブジェクトと比較した使いどころも解説します。, Dictionaryオブジェクトとは、連想配列を使ってデータをまとめて管理できるオブジェクトです。, と疑問に思う方もいると思いますが、難しいものではありません。まとめて管理された値にラベル(=キー)が貼られているイメージです。, キー名で各要素を取得するため、キーの重複は許されません。キー名には配列以外の任意の形式が使えますが、通常は文字列や整数です。, Dictionaryオブジェクトの宣言には、CreateObjectを使い、Scripting.Dictionaryを指定します。, Dictionaryオブジェクトを使うときにはキー名の重複を避けねばなりません。Existsメソッドを使えばキー名の重複を簡単にチェックできます。, 従業員の姓をキーにすることで、Existsメソッドで重複していれば値に出勤日数を1日加算します。, キーや値の一覧を取得したいときもあるはずです。そんなときもDictionaryオブジェクトには専用のメソッドがあります。, キーの一覧を取得するにはKeysメソッド、値一覧を取得するにはItemsメソッドを使いましょう。それぞれ配列形式で一覧を取得できます。, 例えば、姓、名、性別をキーに値を入力したDictionaryを取り上げ、キーと値の一覧を取得してみます。, Dictionaryのキーと値を一緒に取り出すときはFor Eachが使えます。For Eachの変数部分にキーが入るので、Dictionaryにキーを指定することで値も取り出せます。, データをまとめて扱うにはDictionaryオブジェクト以外にも配列やCollectionオブジェクトがあります。あえてDictionaryを使う理由は、「連想配列の作成が簡単」の一言に尽きます。, 連想配列を作るには、キーの重複チェックが必要です。Collectionオブジェクトでも連想配列は作れますが、キーの重複を確認する方法はExistsメソッドを持つDictionaryオブジェクトしかありません。, そのため、Dictionaryオブジェクトのほうが連想配列を作りやすいといえます。, 一方、連想配列ではなく、動的な配列を作るときはCollectionオブジェクトがオススメです。配列よりも簡単にサイズを変更でき、要素の追加や削除も簡単だからです。, 【Excel VBA入門】Collectionとは?サイズ変更に強いリストの作り方, また、Excelとデータのやり取りをするときは素直に配列を使いましょう。一度に複数のセル情報を取得、書き込む処理は配列が高速です。, Dictionaryオブジェクトは連想配列の作成に特化したオブジェクトです。連想配列はCollectionオブジェクトでも作れますが、Dictionaryのほうが連想配列の操作に適したメソッドが揃っています。, VBAプログラム内でデータを管理するときにDictionaryオブジェクトを使えると、プログラムが読みやすくなってオススメです。本記事を読んでぜひマスターしましょう。, 【完全初心者向け】Python入門その3-プログラムを書いてみよう(Windows10編)-, 【完全初心者向け】Python入門その1-プログラムって?Pythonがおすすめの理由-, 【Excel VBA入門】Select Case文の使い方。複数条件をスッキリ書く!, 【Excel VBA入門】ドロップダウンリストの作り方。複数リストの連動方法も解説. Excel VBA(マクロ)で、If 文を使うことがあります。If 文は「もしこうだったらこうする」と条件に一致する場合に、指定した処理をさせるためにあります。さて、今日はこの If 文を使ってあいまい検索する事例を取り上げたいと思います。 Follow @hajime_matsui!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? Set    連想配列名 = CreateObject(“Scripting.Dictionary”), 格納されるデータをキー・アイテムのペアを保持するオブジェクトです。配列として登録されるインデックス番号は、0~1・2・3・・・と整数で順番に割り当てられます。, 登録するキー(Key)については、同じ文字列等で重複の登録は、出来ません。アイテム(Item)については、同じ文字列での登録は可能です。, 下記のサンプルプログラムは、連想配列の登録方法と登録した連想配列データとメッセージボックスに表示する方法を説明いたします。, 【プログラムの説明・処理手順】 ところが、A列の品名が重複していると、上のコードSub dic0_1()のmyDic.Add Cells(i, 1).Value, Cells(i, 2).Valueはエラーになってしまいます。 重複したKeyは登録できないからです。 下表はA2とA5に「みかん」が重複しています。 つまり、「みかん」というkeyは既に存在しているのに、.Addで「みかん」を追加せよ!となるのでエラーとなります。 ‚é‘O‚É•K‚¸ƒ[ƒNƒV[ƒguŒŸõŒ‹‰Êv‚ð–ß‚µ‚Ä‚¨‚«‚Ü‚µ‚傤B, ƒTƒ“ƒvƒ‹ƒf[ƒ^vba-exercises.xlsmuVBA—ûK–â‘èv‚ƃTƒ“ƒvƒ‹ƒf[ƒ^books-list.xlsxu}‘–Ú˜^v‚ðƒ_ƒEƒ“ƒ[ƒh‚µA“¯ˆêƒtƒHƒ‹ƒ_[‚É•Û‘¶‚µ‚Ä‚¨‚¢‚Ä‚­‚¾‚³‚¢B. ② 2件名のデータ登録 ”米国”, “Washington D.C” まずは、If 文の使い方について、通常の使い方とあいまい検索をする方法を紹介します。, 例えば、セルA1 の文字列が「消費税」の場合に、メッセージボックスで「OK」と表示させたければ以下のようにコードを書きます。, セル A1 に「消費税」と入力した状態で実行すると、以下のようにメッセージボックスが表示されることが確認できます。, 例えば、セルA1 の文字列に「消費税」というキーワードが含まれる場合に、メッセージボックスで「OK」と表示させたければ以下のようにコードを書きます。, セルA1 の文字列が「消費税」とぴったり一致する場合を条件とするときは以下のように書きました。, それに対して、「消費税」というキーワードを含むことを条件とする場合は以下のように書きます。, こうすることで、消費税という文字の前後に他の文字が含まれる場合も条件を満たすことになります。, 例えば、セルA1 に「消費税の計算を行います」と記述した状態で実行してみましょう。, 「消費税」というキーワードの後ろに他の文字列があっても、以下のようにメッセージボックスが表示されることが確認できます。, 「消費税」というキーワードの前に他の文字列があっても、以下のようにメッセージボックスが表示されることが確認できます。, お題として、摘要を入力した状態で実行すると勘定科目と科目コードを割り当てるコードを考えてみます。, 例えば、摘要欄に「〇〇商店」というキーワードがある場合には、勘定科目は「仕入高」、科目コードは「712」というように自動的に割り当てれるようにするという意味です。, 何回も出てくる取引内容だと、このようにすれば勘定科目と科目コードを手入力せずに済みます。, さて、下準備としてまず現金出納帳の余白にキーワード、勘定科目、科目コードの対応が分かる表を作っておきます。, これを実行すると、以下のようにだいたいの勘定科目と科目コードが自動的に割り振られます。, すべての摘要のキーワードを想定すると量が多くなりすぎるので、絞る必要はあるわけですが、頻繁に出てくるものを設定しておくだけで勘定科目と科目コードを入力する手間が省けます。, If Tekiyou Like “*” Cells(j + 11, Keyword_Line) “*”, 今回のようにキーワードを順番に読み込む必要がある場合には、キーワードを「Cells(j + 11, Keyword_Line)」のように変数を使って表さなければなりません。, そのような場合に Like を使うとすると、先の “*消費税*”のように “” で囲われる中に全てを表示することができません。, これで、「Cells(j + 11, Keyword_Line)」というキーワードを含む文字列を表すことができます。, 税理士試験についてのまとめはこちらです! ④ 登録されたデータをメッセージボックスに順番に表示します。, 下記のサンプルプログラムは、A列の「勘定科目」が重複登録されています。このA列のデータを元に、B列に重複されていない勘定科目データを表示するサンプルプログラムです。, 【プログラム説明・処理手順】 vlookup関数の検索を利用する際に、前方一致や部分一致、後方一致などあいまいな検索をしたいときがあります。 その場合は、ワイルドカードという「パターンにマッチする文字列を記号に置き換える」ことにより再現できます。 ここではよく利用される2 今回の例を参考にして、是非活用いただければと思います。 あいまい検索だと検索条件を含んでいれば完全に一致しなくても表示されます。 あいまい検索には前方一致、後方一致、部分一致の3種類があります。 前方一致検索. Excel VBA あいまいな検索条件を設定(Like演算子を使用) Like演算子 . ①ワークシート「データ一覧」・B列のデータ(キー)「支店名」+「勘定科目」を全て順番に読み取ります。 Dictionaryはとても高速に動作するため大量のデータを使う場合には有用な手段の1つになります。, Dictionaryオブジェクトはキーと値で1セットとなるデータ形式を持ちます。他の言語であれば連想配列やハッシュマップなどの言い方をされます。, キーは値を検索するために使う「しおり」の役割を持ちます。食券式の店の場合、食券を買って料理を受けとりますが、このときの食券がキーで、料理が値になります。, 同じDictionaryオブジェクトの中でキーと値のセットは複数持つことも可能ですが、同じキーの重複は出来ません。, Dictionaryオブジェクトを利用するには2通りの方法があります。1つはCreateObject関数を使う方法で、もう1つは参照設定を行う方法です。どちらでも動作は変わりませんが、参照設定を行うと多少高速なこととメソッドやプロパティが入力候補で表示されます。, VBA画面のツールメニュー→参照設定を選び、参照設定ダイアログで「Microsoft Scripting Runtime」にチェックを付けます。, 厳密には1行で書かない方がいいのですが、普通に利用する分では問題は発生しませんので1行でも構いません。私自身も1行で書くことが多いです。, このことについての詳細は「VBAでクラス変数の宣言とNewを1行で書いてよいか」をご参照ください。, Dictionaryオブジェクトには以下のメソッドとプロパティがあります。使い方は後述のサンプルコードに書いています。, Dictionaryオブジェクトはキーの重複は認められませんが、値の重複はありえるため、Itemsメソッドで取得した配列内で値が重複していることはありえますしエラーにもなりません。, Itemプロパティなどで使うキーがDictionaryオブジェクトに格納されているキーと厳密に同じでなければならない場合はBinaryCompareを指定し、大文字・小文字、ひらがな・カタカナ、全角・半角の区別せずに行う場合はTextCompareを指定します。, あくまでも検索する際のキーの条件のため、テキスト比較を設定してもキーの重複が許されるわけではありません。, Dictionaryオブジェクトにデータがセットされている状態ではエラーになります。, たとえばキー”1″を”2″に変更したい場合は「Dictionary.Key(“1”) = “2”」のように記述します。, Dictionaryクラスの各メソッドやプロパティには書き方が分かりにくいものもありますので、不明なものはコードをご参考ください。, Dictionaryクラスとよく比較対象とされるのが配列です。Dictionaryと配列との違いは、キーがあるかないかですが、それによりデータの格納方式にも違いがあります。配列は先頭から順にデータが並んだ状態でデータを格納しますが、Dictionaryにはデータの並び順は持っておらず、あくまでもキーが基準になります。そのため、並び順が重要な意味を持つ場合には後述するキーのソートを行うか、もしくは、Dictionaryクラスよりも配列を利用した方がよい場合があります。, また、配列はデータを格納するための領域をRedim構文やRedim Preserve構文で確保する必要がありますが、Dictionaryにはその必要がありません。Addメソッドを実行すると領域が拡張されてキーと値が追加されます。, Dictionaryは配列と違ってキーでデータを特定できるため、高速にデータの選別が可能であるという特性があります。そのため、多数のデータの中から特定のデータを抽出する、という処理を行う場合は配列よりも圧倒的にDictionaryクラスを使った方が高速に処理できます。, もし配列でのデータ抽出を繰り返し行うような処理で遅いと感じることがあるのであれば「VBAで配列を連想配列Dictionaryに変換する」をご参照ください。, Dictionaryを使う際に、キーにとして扱うデータは数値や文字列が多いと思いますが、オブジェクトを指定することが可能で、値にはオブジェクト(例:Range(“A1”))の他にも配列や戻り値を返す関数(例:Timer)などを指定することができます。ただし、キーに配列をセットすることは出来ません。, オブジェクトをキーに設定できるため、以下のように、キーにRangeオブジェクト、値にワークシートや配列をセットすることが出来ます。, また、キーに使う数値と文字列は別物として扱われます。以下のコードにもありますが、1と”1″は重複せずにどちらもキーとして設定されます。, Dictionaryオブジェクトに未登録のキーだけを追加したい場合は、事前にExistsメソッドで対象のキーが追加済みかどうかを判定した上で、未追加であれば追加するようにします。, 追加済みのキーに対してAddメソッドを実行するとエラーになります。他の言語のハッシュマップなどではAddメソッドのような追加メソッドで直接上書きが出来るものもありますが、VBAのDictionaryクラスではそれは出来ません。そこでVBAでは疑似的に別の方法で上書きを行うことになります。, 上書きの方法には2通りあります。Itemプロパティを使って値の書き換えを行う方法と、Removeメソッドで削除してからAddメソッドで追加する方法です。どちらの方法でも構いませんがItemプロパティでの書き換えの方が手間が少ない分、処理速度も速いです。, Dictionaryオブジェクトを関数の引数としてやり取りを行う場合に、渡した関数側での処理が呼び出し元にも反映されます。, Integer等の数値型やStringの文字列型の場合は関数の引数にByVal指定をすると呼び出し元には関数内の編集が引き継がれませんが、DictionaryはByValを付けていても渡した関数での編集内容が呼び出し元にも反映されます。, 以下のサンプルは呼び出し元で1と2を追加し、関数を呼び出してその関数内部で3を追加し、呼び出し元でDictionaryの全てのキーに対応する値を出力しています。, 出力すると呼び出し先の関数で追加された3も一緒に出力され、関数間で引き継がれていることが分かります。, Dictionaryクラスのキーはソートの仕組みがありません。ただ、場合によってはキーがソートされていた方が都合がいい場合があります。そのままではソートはできませんので、Keysプロパティで全てのキーを配列として取得して、その全キー配列をソートする方法を行います。, よく紹介されるソート方法はワークシートの指定セル範囲を並べるSortメソッドを使う方法だと思いますが、個人的にはこの方法は避けた方がよいと思っています。理由は、ソートのためにワークシートやセルを用意しなければならず、使ったあとに削除も必要になりますし、セルへの値の設定や操作は処理が遅いため、せっかくのDictionaryクラスを使っている高速性の利点が犠牲になってしまうためです。, そこで、高速にソートを行うためには2通りの方法があります。1つはソート処理を自分で実装する方法で、もう1つは.NETのArrayListクラスのSortメソッドを利用する方法です。どちらを使ってもいいのですが、.NETの利用はあまりメジャーな方法ではないため、ここではクイックソートを実装する方法を紹介します。, クイックソートについての詳細は「VBAの配列をクイックソートで並べ替え」ご参照ください。ここでは利用しませんがArrayListクラスのSortメソッドについては「VBAの配列を.NETのArrayListのSortで並べ替え」をご参照ください。, コードで使っているクイックソートの関数は上記リンク先のコードをそのまま使っています。, キーのあいまい検索を許可するかどうかをCompareMethod列挙型の定数で指定します。. (新規の場合は、辞書登録(配列に登録(追加))・既に登録されている場合は、何もしない) 検索結果は「 5.03秒 」でした。 100回で約5秒ではこれが1万回等になった場合は500秒かかる計算になります。 Dictionaryで複数回検索する方法. ・新規の場合は、辞書登録(配列に登録・追加))F列に勘定科目とG列に金額をセルに記入します。, 【既に登録されている場合】 VBAの連想配列(Dictionaryオブジェクト)を紹介しています。Dictionaryオブジェクトを利用した星座判定関数で実践的な使い方も学べます。 Windows; Google Apps Script; 会計freee; プロフィール; お仕事のご依頼; もりさんのプログラミング手帳. 税法2科目免除大学院についてのまとめはこちらです!, 異業種から会計事務所へ転職して税理士になった私の経験をもとに、30代半ばから日商簿記1級、税理士試験(簿記論、財務諸表論、国税徴収法)、大学院を経て税理士になったノウハウを体系化した書籍です↓, 税理士試験の税法2科目免除のために大学院で税法論文(修士論文)を書いた経験を元に、大学院生としての目線から税法論文の書き方を体系化した書籍です↓.

妊活 男性 40代, 犬 見てないとご飯 食べない, ポケモンホーム 言語 変更, ミステリーランチ 3dayアサルト Cl レビュー, 箱根駅伝 2020 往路結果, イラレ パターン 編集 色, コマンドプロンプト 改行 Echo, オタク 画像 ネタ, タイ文字読み書きの基礎 ウィライ トーモラクン,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *