css 横幅 親要素 7

Posted by NAGAYA on Mar 9th, 2017. 知らないと恥ずかしい!WordPressで自動挿入されるpタグを自動挿入させない方法, 【レスポンシブ】デバイスの横幅を基準に読み込むJavascriptを切り替える方法, WordPressのショートコードがコンテンツの最上部に表示される不具合の解決方法, あなたのWEBサイトを、Wordpressで運営できる様にいたします。ページの編集や追加も簡単に行えるようになります。, どの様な形式のサイト(例えば、アメブロ、MTサイトなど)でもWordPress化いたします。, Wordpress化でサイトのデザインが崩れるなどの心配は必要ありません。デザインもサイト構成もほぼ変わらない、高い再現率が自慢です。, 単にWordpress化するだけではありません。デザイン変更など+αの作業にも対応することも可能です。, 他案件との兼ね合いもありますが、最短即日であなたのサイトをWordpress化いたします。, 初心者でもWordpressが使えるよう、納品後に徹底的な操作サポートをご提供いたします。Wordpress化したけど操作できないと、あなたが頭を抱えることはありません。.

  • 要素の文字数に合わせてlistsの横幅を変化させたいです。, teratailでは下記のような質問を「具体的に困っていることがない質問」、「サイトポリシーに違反する質問」と定義し、推奨していません。, 評価が下がると、TOPページの「アクティブ」「注目」タブのフィードに表示されにくくなります。, 上記に当てはまらず、質問内容が明確になっていない質問には「情報の追加・修正依頼」機能からコメントをしてください。, 回答 Java、PHP、javascriptなどのプログラミング&Wordpress、HTML、CSSなどのWeb情報ブログ(最近は雑記や仮想通貨のことなど幅広く), CSSをコーディングするとき、横幅や縦幅のサイズを計算で指定できたらいいのになーと思ったことはありませんか?, 横幅を常に100%より6px小さいサイズにしたい場合、calc()ファンクションを使って次の計算式をあててあげればよいです。, これだけだとcalc()ファンクションの有能さがわからないと思うのでもう少し具体的に説明したいと思います。, 例えば、上のCSSをもつ横幅が700pxの親要素「.parent」に次のCSSを持つ子要素「.child」を入れます。, つまり、上記の場合だと3pxのborderの左右分すなわち6px分がはみ出るわけです。, もうお分かりだと思いますが、calc()ファンクションは計算でサイズを指定することができるので、あらかじめ絶対値である数値を引いてあげるといかなるサイズ(レスポンシブ)にも対応できるのです。, レスポンシブデザインが要求される現在のウェブサイト作成においてかなり重宝できる機能です。, calc()ファンクションで「使用できる演算」「対応ブラウザ」についてまとめます。, ※足し算・引き算は「3px + 4px」「90% - 6px」など単位を持つ数値同士で計算できますが、掛け算は「2px * 3」「4% * 5」のように最低一つは単位を持たない数値を用いなければなりません。同様に、割り算も「 100px / 2」「40px / 5」のように一番右にくるものは必ず単位を持たない数値にしなければなりません。, こちらを見てもらえればわかりますが、calc()ファンクションは全てのメジャーブラウザに対応しています。, また、androidブラウザ4.4未満とiOSブラウザSafariの10未満などには未対応ですが、いずれもwebkit系のHTMLレンダリングエンジンなのでベンダープレフィックスを次のように用いれば対応可能にできます。, なお、IE9未満などのcalc()ファンクションに対応していないブラウザも守備範囲内に入れたい場合は、次のようにします。, なお、webkitのベンダープレフィックスとcalc()ファンクションに未対応なブラウザも守備範囲に入れる場合には, 実はこの会話用吹き出しはレスポンシブ対応させているのですが、これにもcalc()ファンクションを使っています。, 本当はもう少しちょこちょこと装飾があるのですが、説明のためにかなりシンプルにCSSを記述します。, 14行目の「right: -120px;」を指定しなければ下の画像のようになりますが. widthとheightの指定の仕方の一例を紹介します(見やすいように要素をオレンジ色にしました)。 HTMLコード

    これは例文です

    CSSコード. 今回はCSSのwidth(幅)とheight(高さ)のさまざまな指定方法についてイチから解説していきます。ウェブデザイン初心者の方でも分かるように、丁寧に説明していくので、必要に応じて読み飛ばして頂ければと思います。, widthとheightの説明の前に、以下の2つの用語の意味を理解しておきましょう(解説中に連発します)。, 要素というのは、<タグ>〜のカタマリ全体を表します。たとえば、

    これは例文です

    は1つの要素です。, 要素Aの中に要素Bが入っているとき「Bの親要素=A」です。見方を変えると「Aの子要素=B」です。, widthは『要素の横幅』を決めるもので、heightは『要素の高さ』を決めるものです。, widthとheightの指定の仕方の一例を紹介します(見やすいように要素をオレンジ色にしました)。, ↑widthとheightの値をそれぞれ100pxに指定しました。すると、要素の幅と高さがそれぞれ100pxになりました。, ウェブデザイン初心者が一度はつまずくところかと思いますが、display: inlineの要素では、widthとheightを指定することができません。, この図のように、幅・高さが指定できるのは要素がdisplay:blockもしくはinline-blockのときです(また、ここにはのっていませんがdisplay:tableのときも指定できます)。display:inlineが初期値であるaタグやspanタグではwidthやheightを指定しても大きさを変えることができないことにご注意ください(ごく一部に例外はありますが)。, widthプロパティの初期値はauto(自動)で、CSSで指定しない限り、要素の幅は自動で決められることになります。自動で決まるといっても、決まり方は基本的に以下のようになります。, 段落タグ(p)やdivタグ、見出しタグなどdisplay: blockの要素の場合、widthの値をとくに指定せずにautoになっていると、要素の幅は基本的に横いっぱいに広がります*。, *:親要素がdisplay: tableやdisplay: flexなどの場合を除きます。, display: inlineやinline-blockのときには、要素の幅=要素の中身(テキスト)の長さとなります。要素内のテキストが3文字のときより、10文字のときの方が幅が大きくなるわけですね。, ただし、要素の幅が親要素以上に大きくなることはありません。親要素が600pxなら、子要素も自動で600pxになります。, ↑p要素にはwidthを指定していませんが、親要素(div)と同じwidthとなりました。, 次に要素のwidthをpx(ピクセル数)で指定してみましょう。pxはいわゆる絶対値の値になります。たとえば、width: 500pxと書けば、親要素に関係なく幅は500pxになります。, このようにpxを使って画像の幅を調整することができます。ちなみに画像の高さも初期値はheight: autoで、widthを小さくすると縦横比を保つように合わせて自動調整されます。, 子要素の幅を、親要素の幅より大きくしてはいけません。なぜならウェブページを見る端末によってはレイアウトが崩れてしまう可能性があるからです。, みなさんも一部の要素だけがびよんとはみ出てしまっているウェブページを見たことがあるかもしれません。これは、親要素より子要素の幅が大きくなってしまっているんですね。, widthの値を%で指定すると、要素の幅は可変になります。つまり、親要素次第で幅が変わるのです。, たとえばwidth:50%の場合を考えてみます。このとき親要素が800pxなら、要素の幅はその50%の400pxになります。, このように値を◯◯%で指定すると、親要素の幅に対する比率で幅が決まります。親要素自身が%で指定されているときも、これは変わりません。実際に試してみるのが分かりやすいかと思います。オレンジが段落の要素(p)、黄色がその親要素、灰色が親要素の親要素になります。, ↑3つのタグが入れ子になっています。1番上の要素(親の親)は幅200px、次の親はその50%で100px、その中のp要素はさらに50%で50pxというような形になります。このように幅は子要素へいくほどどんどん小さくなるわけですね。, 「width: 100%」と「width:auto」の違いは何かと気になりますよね。少し細かい話になりますが、違いは下図のようになります。, autoだとwidthの中にpaddingとborderが含まれるようになります。一方で100%だとwidthにはpaddingとborderの分が含まれません。, つまりwidth:100%の要素にborderかpaddingが指定されていると、その分だけ親要素からはみ出てしまうのです。この問題に対してはいくつかの対処法があります。その中でも一番簡単で分かりやすい対処法はbox-sizing: border-boxというプロパティを指定することです。詳しくは以下の記事で解説していますので目を通してみてください。, 繰り返しになりますが、display:inline-blockの要素では、未指定の場合の幅=中身の長さとなります。display:inline-blockにした要素を横いっぱいに広げたい場合には、width:100%を指定する必要があります。, こちらも繰り返しになりますが、リンクタグ(a)などdisplay:inlineの要素は、そもそもwidthの指定自体ができないので、100%にしても、横いっぱいには広がりません。リンクタグの幅を指定したい場合には、はじめにdisplay: inline-blockもしくは、display: blockを指定しましょう。, 「親要素に対する比率(%)で幅を指定できる」ということが分かりました。勘の良い人がここで疑問に思うのは「親の親の親の親…まで全くpxで指定されていなかったら、%指定の幅はどうやって決まるのか」ということです。つまり「今はさまれているタグの上のタグの上のタグ…全ての要素の生み親“body”(とhtmlタグ)までpxで幅が指定されていないと、比率もクソもないじゃないか」という疑問ですね。, bodyまで一切pxで幅が指定されていないと、ブラウザの幅=bodyの幅になります。つまり見る端末によって、またブラウザウィンドウの大きさによって、bodyの幅が変わるのです。

    Photoshop レイヤー効果 高度な合成 5, ベタ 専門店 愛知 10, 日 向坂 左利き 4, Excel Webクエリ 取り込めない 17, 英語 面白い話 長文 15, Hdmi 音が出ない テレビ Sharp 4, 7mhz アンテナ ベランダ 10,

  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *