約束のネバーランド ノーマン 変わった 14

Copyright © 2020 なんだか気になるあんなことやこんなこと... All Rights Reserved. たまにコメントなどでフィルのことをウィルとかいてる人がいたんですけど、 前回の「第13巻」では、鬼の追手に追われる最中、ミネルヴァの仲間のハヤトとジンと出会ったエマたち。, しかしクリスの容態は一刻も争う状態で急きょエマたちは薬がある近くの農園へ行くことになります。, クリスを救うために薬品が置かれている食用児の農園へ侵入したエマ、レイ、ハヤト、アンナ。, 低級の農園なので警備も少なく4人の少数精鋭へ向かいますが鬼に見つかってしまいます。, 無事にクリスに必要な薬を入手した2人は脱出を図りますが鬼に待ち伏せされてしまいます。, アジトは以前いた鬼の集落を使っており、非常に規模が大きくどの子どもたちも笑顔でした。, ノーマンはあの後にΛ7214に収容され、そこで出会った共犯者とスミーと呼ばれたミネルヴァの支援者と共にΛ7214を破壊し脱出したのでした。, 鬼は最初は最近に似た何かであり、食べることで遺伝子と形質を受け継ぐので、人間を食べると人と同じような姿と思考を持つようになりました。, そして、それを可能としているのはザジやハヤトのような鬼たちの実験の影響で生まれた人間たちでした。, ノーマンの唱える鬼を絶滅させる方法で食用児の楽園を築けることに歓喜している皆の中でエマは迷いがありました。, エマとレイはノーマンの計画の話をしていますが、エマがその計画に対して賛同していなかったことはレイにはお見通しでした。, エマとレイはエマの思いとムジカのように人を食べなくても形質を維持できる例外がいることを伝えるためにノーマンのもとへ向かいます。, 部下は3人いて女性がバーバラ、男性がシスロで眼鏡をかけたインテリスーツがヴィンセントでした。, 仲良くなってきたところで3人は鬼を殺すことに快感を得ていることを聞くとバーバラは怒りを示します。, ラートリー家の血縁者かと思いきやなんとノーマンがミネルヴァとして食用児たちを指揮していたのは驚きでした。, あの時のシェルターからここまでエマたちを導いてきたのはノーマンだと思うと非常に感動ですね。, あの時、鬼に食べられたかと思ったら生きていて、尚且つミネルヴァとして君臨していたのは読んでいた誰もがこのような展開は予想していなかったと思います。, ミネルヴァとしてのノーマンはエマたちといたころとは違い、冷静さに磨きがかかっていました。, それでいて冷酷さも持ち合わせていたので、あの頃のノーマンはいないのかと落胆してしまいました。, しかしエマたちと会うとあの頃のノーマンとして接していたので何だかホッとしてしまいました。, それでも他の食用児たちと会う時にはボスと呼んでくれと言っていたの、ノーマンは食用児たちのボスとして変わってしまったと思いました。, 特にザジ以外の3人は自我があるので、これまでのノーマンを知りたがっていたのは面白いと思いました。, 3人の中でノーマンは冷酷なボスとしているので、ノーマンの意外な一面を見ることができて3人は満足だったと思います。, それと同時にノーマンが食用児たちの平和のためにこうなったことも知り、ハウスを出てから責任もついてきたと感じ、ノーマンの大きな成長を垣間見ました。, このままだといつかエマたちと対立しないか心配になってきましたが、ノーマンとエマとレイの絆は不滅なので大丈夫ですね。, またノーマンが同盟を結びに行った鬼たちとは一体何なのかも気になりますね。早く15巻が出てきてほしいものです。, さてこの「約束のネバーランド」を文章だけではなくてアニメや漫画でも楽しみたくありませんか?. 「約束のネバーランド」14巻ではついにエマ達がW.ミネルヴァを名乗る人物の元にたどりき、その正体がかつてGFで共に過ごしたノーマンであることを知ります。エマやレイ、そして家族とノーマンの再会のシーンはとても感動的で、思わず涙ぐんでしまいます。 実力派の河野ひよりさんについてここではご紹介していきます。. 約ネバに登場するノーマンですが、実は別人説が出ているんですよね。なんと個人を識別するための番号にもズレが生じている場面があるようで、波紋を呼んでいるんです。ということで約ネバのノーマンが別人なのか、そして認識番号のズレについてご紹介していきます!, 出荷されてしまったと思われていたノーマンでしたが、無事にエマたちと再会することができましたよね。, 実はノーマンがエマたちと再会した後、認識番号がノーマンのものとは違うコマがあったんです。, ですが、今回ご紹介したノーマンの首に書かれている番号は「65194」と「81194」です。, 完全になりすましているのであれば、番号が違っているというのはなんだかおかしいなと思いますが、なりすましている方も数字までは頭に入っていなかったのかもしれません。, というのも、数字が違っているのを確認できたのはこの2つのコマだけで基本的には「22194」で安定しているからです。, どちらにせよ疑問は残りますが、誰かがなりすましているというよりは、作画ミスの方がしっくりきますよね。, エマたちと再会したノーマンが本物なのか偽せものなのかについてですが、なぜこのような疑問が出るかというと, 約ネバで好きなキャラは?って言われたら圧倒的ノーマンなんだけどさ成長ノーマン大人び過ぎだよね(今日はお絵描きの日にする) pic.twitter.com/GCqGOnGwNK, #wj08 #約束のネバーランド約ネバ… 泣きそうになっちゃった…鬼とは何なのか… 次号ついに明かされるのね!!エマとノーマンとレイの3人また揃うことができて本当に良かった!ノーマンが生きてて良かった!再会できてよかった!!巻頭ページポスターにします! pic.twitter.com/IfpMRYAMyY, 顔つきが大人すぎる感じもしますが、ボスと呼ばれて活動しているわけですから、凛々しくもなるでしょう。, あんなに優しく微笑んでいたノーマンでしたが、2年経ってる考えがかなり過激になっているようでした。, ボスとして期待されていたため、計画の失敗は許されないという大きな責任を背負って行動してきました。, そして、「怖い」と自分が思っていることを自分の中で封じ込め、絶対に大丈夫だと言い聞かせながら気張っていたのです。, ノーマンの鬼絶滅計画をやめさせるためにエマが動いた時にこの気持ちは明かされています。, 本当は怖い助けてとエマやレイに言った時のノーマンは、間違いなくノーマンだと私は思いました。. 約束のネバーランド14巻では感動の再会をし、またエマ、ノーマン、レイの3人組がそろいましたね。, 3人が抱き合う姿は農園にいた時と変わらない三人。ノーマンはとても大人っぽい雰囲気になっていて農園の頃の可愛らしさとはまた違ってかっこいいとも感じました。, 読んでいると、ノーマンは、「鬼達を殺す」「全滅させる」ことに取りつかれているように感じますね。(農園から離れエマといない間に色々あったのでしょうか?), 約束のネバーランドにおける鬼は、人間を食べ続けることでその形を維持し、知能を保つことができ、食べたものの遺伝子を取り込み進化していきます。, 鬼達は、質のいい人間を安定して食べれるようにエマ達のような食用児を管理して食べているようですね。, @DemizuPosuka 11月2日#約束のネバーランド 第6巻発売!!遂に!!ソンジュとムジカ登場!!本誌初登場時、記念に撮影した物です↓ pic.twitter.com/L26yCW8UxH, — 蒸鉄卿【(5代目)ノーマン@エルネア王国】 (@Steampunk_gear) November 1, 2017, エマとレイは、ソンジュとムジカは鬼なのに人間を食べずに生きていることに気づき、そのことをノーマンに伝えると、ノーマンは、『人を食べなくとも人型と知能を保つことができる超特異個体がいる』のを聞いたことがあると明らかにしていますね。, そして、ムジカも鬼なのだから鬼を滅ばそうとするノーマンを止めに来ると考え探して殺そうとしますが、エマは恩人であり友達でもあるムジカを殺すことを嫌がります。, エマは、ムジカの力を借りて人を食べなくて済む体にしようと提案しますがノーマンは、「食べる必要がなくなってもやつらは襲ってくる」「鬼はぼくら(食べ物)なんかに情けをかけて食欲を抑えるはずがない」「鬼を絶滅させるしかない」と強く反対。, このときのノーマンの表情と言葉は、恨みと怒りがとても込められてると感じましたし、超特異個体の情報を知っているノーマンがますます怪しいです。, 引用元:https://twitter.com/yakuneba_staff/status/1149997030980214784/photo/1, 鬼も人間と一緒で家族や友達がいるんだ。でも生きるためには人間を食べないと。だからって皆が殺されるのは嫌だ。どうすればいいんだろう。, 第15話でも、エマがレイに誰かを犠牲にしていないかと聞くシーンでは、もう二度としないでねと、レイの手をがしっと掴みながら怖い目で忠告していますね。, 発信機の付いた耳を切り取ってしまうなど、エマの思い切った行動はいつか自分を犠牲にしてしまうのではないかと感じます。, 15巻の最初でノーマンは、W・ミネルヴァとしてギーラン卿と会い、同盟を結ばないかと話していて、そこで、髪の毛一本からも人間を増殖することが可能な技術があると言い鬼達を説得していますね。, 工場のように生産された人間がただ食べられていくのを、エマが黙って見過ごすはずがないとは思いますが、どうなんでしょうか。(途中のコマで、ノーマンが襲撃した農園にいた鬼の死体を「皆さんで召し上がってください」と差し出すところが手慣れているように見えて怖かったです。), また、ノーマンはラムダの研究データを持っているようですが、どんな情報なのか気になりますね。, 17巻で、ノーマンが頭を抑えながら咳をしていますが、手に滴るほどの吐血をしています。, ノーマンも鬼に実験されていたのかも。「ごめんね」とかかれていますが、その直前にエマとレイの回想があるので2人に向けた言葉に間違いないでしょう。とても悲しい表情をしているのですが、この「ごめんね」はどんな意味なのでしょうか?ノーマンを鬼にさせる実験がされてたなんてこともあるかもしれません。, ノーマンって、鬼側人間側両方を支配つもりだなぁ・・・#ノーマン #約束のネバーランド pic.twitter.com/m4yWKcvpU9, — TAKOMIN*ジャンプチ (@TAKOMIN1312) April 15, 2019, ノーマンは鬼と鬼とで内乱を起こさせ、鬼同士で潰しあいをさせるために同盟を組みました。ギーラン卿は、元貴族であらぬ罪をきせられて取り潰された旧名門だったとノーマンは話してます。, 王と貴族に復讐したいと700年間思い続けてきたギーラン家と、王と貴族で戦争させるためのノーマンの策ということです。, ノーマンは、鬼の社会について詳しいのでまた別の鬼と繋がっている可能性もあるかも。ノーマンとその別の鬼が支配する社会を作ろうとしていてだから、ムジカを殺そうとしているんでしょうか。人間を食べなくてすむ力があるムジカをわざわざ殺す必要もないのにノーマンは、殺そうとしているので怪しいですね。, https://twitter.com/shu_31O/status/1158751456247238657?s=20, そして鬼達に殺されないように保護をしたいということで、ドンたちにムジカを探してほしいと頼みました。, しかし、あんなにムジカたちのことを殺そうとしていたのに怪しいと思い、ドンとギルダは警戒しながら捜索、森の中で足跡を見つけ感動の再会というところでノーマンの計画が始まります。, ドンたちの思った通りにノーマンのつけた護衛がムジカたちに襲い掛かるのですが、このノーマンの裏切りは、エマとの信頼関係があまりないように感じますね。, エマと会っていない長い時の中で、みんなで幸せになるということより鬼への復讐に目的が変わってしまったのではないのでしょうか。, 鬼の内乱の計画とムジカを殺そうとしたことは、どちらもエマの反感をかうものでしたが今後はどうなっていくのでしょうか?, ノーマンの計画もエマの計画も険しい道を通っていくと思いますが、最後はみんなが幸せになれるような結末だと良いですね。. 異性に抱きつくと十二支の動物に変身してしまう呪いを受けている草摩家。 その草摩紫呉の家に居候している本田透は、呪いを解こうと行動します。真知の噂を、真知のクラスメイトが生徒会室で話します。   ... ジャジーたちの頑張りもあり、ウォルターパークを襲う魔獣3体のうち、一体は倒すことが出来ました。 ですが魔獣はまだ2体残っています。 避難が出来ず取り残されている人々も。   地下監獄でも囚魔 ... 家族を一番に考えている蒼志に変化が起きる。 悠介はまたもユースケに苦しむこととなる。 家族の絆が壊れていくのか、それともより深い絆となるのか。 立ち上がった、やっとここから、危険信号が鳴る。 &nbs ... 朗読を通した人々の成長を描く作品『花もて語れ』。3巻では、ハナと満里子が初めての発表会に挑みます。ハナの恩師である折口から審査を受けると聞き、それぞれの理由からそれを辞退した2人でしたが、藤色からハナ ... パニック障害を克服して その成果を見せるために行われている試験。 沢山の人たちが日々人の復帰を望んでいる中 ただ1人 良く思っていない人物がいました。 その頃 六太は 月へ向かうバックアップメンバーが ... バトル・格闘・アクション ヤンキー・極道・ギャング 完結マンガ 実写ドラマ・映画・アニメ化. 「約束のネバーランド」は週間少年ジャンプで連載中の原作:白井カイウ先生、作画:出水ぽすか先生による珠玉のダークファンタジー作品です。 主激されたシェルターから無事に脱出することはできたものの、エマ達は ... クリスの薬を手に入れるため、量産型農園への侵入を決意するエマ。共に農園へ行くことになったのは、レイと仲間たちの中でも最も医学に精通したアンナでした。アンナは家族のために誰よりも薬に詳しくなっていたのです。, エマ達は地下水路をつたって量産型農園へと侵入します。ところが、施設へ侵入した所を見張りの鬼に見つかってしまいました。エマ達は二手に別れ、エマとアンナは薬を探すために薬品庫へ侵入します。, レイとハヤトが鬼を引き付けている間にエマ達は倉庫から必要な薬を探し出していきます。薬を入手したエマ達はレイ達と合流に向かいますが、その道すがら鬼に見つかり、GFの食用児であったことがばれてしまいます。, エマは自分を取り合う鬼達に一度は死を覚悟しますが、その瞬間頭から袋を被る謎の人物に助けられます。ハヤトはその人物をザジと呼び、ミネルヴァの腹心であることを教えてくれます。, 薬のおかげでクリスの容体も無事に安定し、エマ達はW.ミネルヴァの待つ本拠地へと向かいます。ようやくたどり着いたその場所はかつて鬼の一族が隠れ住んでいた廃墟で、大樹の中に街が作られていました。そこで暮らす子供達は皆笑顔で幸せそうにくらしていました。, エマはミネルヴァに呼ばれ、ついに対面を果たします。エマはその人物を前に思わず涙を零してしまいました。エマの前にいたW.ミネルヴァを名乗る人物はかつてGFで共に過ごし、出荷を見送ったはずのノーマンだったのです。, ノーマンを失ったとおもいながら、ずっと焦がれていたエマは思わずノーマンに抱き着きます。何故生きているのか、と問いかけるエマにノーマンは別の農園に送られ鬼に変われていたことを話します。, ノーマンはレイ達と新しく旅の中で増えた仲間たちをノーマンに紹介します。ノーマンが生きていたことを知り、GFの子供達は喜びます。レイもまたノーマンが生きていることをエマと共に涙を流して喜びました。, ノーマンは食用児の実験場である新農園で暮らし、共犯者とミネルヴァの支援者の力を借りて脱獄したことを話します。スミーと名乗る支援者は殺されてしまいましたが、ノーマンは彼のネットワークを引き継ぎ、食用児を解放し隠れ家を築き上げたのです。, レイはノーマンに各地の農園を襲い、楽園を作る目的が何なのかと問い詰めます。その問いに応える前に、ノーマンはエマ達に「鬼は何故人を食べなければいけないのか、鬼と何なのか」を語り始めます。, ノーマンはエマ達に「鬼は人を食べなければあの姿形を保てない形のない怪物」なのだと告げます。, 鬼は元々確固たる姿をもった生き物ではなく、別の生態系を食べることで吸収したものに合わせ進化する生き物だったのです。様々な形に進化していく中で、鬼は人間を食べ、ヒトによく似た姿と知能、そしてその果てに文化を手に入れます。, 人を食べ人を超えた存在になった鬼ですが、進化の代償として人間を食べ続けなければその形質を維持できないという欠点がありました。それ故に、鬼は人を食べ続けなければいけないのです。, だからこそノーマンは鬼の知性を奪う為に農園を襲い、鬼達に人肉の提供ができないよう計画を進めていたのです。, ノーマンが暮らしていた試験農園Λ7214という場所はより質の良い量産肉を作り出すための実験施設でした。特殊な力をもった子供達は鬼を倒すことができるほど強く、その力を借りてノーマンは鬼を絶滅させ、人間の世界に渡ることなく食用児の楽園を築き上げようとしていました。, 鬼を絶滅させることが出来れば、人間の世界にわたることなく食用児の楽園を気付くことが出来る。ノーマンの言葉に仲間たちは喜びますが、エマは何故か素直に喜ぶことができませんでした。ですが、喜ぶ仲間を前に自分を納得させ共に喜びます。, ノーマンはエマ達に住む場所を提供してくれました。隠れ家の子供達からミネルヴァとして慕われるノーマンに、GF出身の子供達は戸惑いますが、ノーマンは「皆が知っているノーマン」だと話し安心させます。, かつてのGFの時のようにノーマンと共に食卓を囲み、笑い、エマ達は久々に幸せに眠りにつくことが出来ました。, 久々の幸せに寝過ごしてしまったエマ達。一方ノーマンは既にボスとしての顔を取り戻していました。ノーマンは計画をすすめるために、手紙を書き会談の手配を仲間へ頼みました。, 穏やかな生活を送るエマですが、そんなエマにレイは「ノーマンの計画が本当に良いと思っているのか」とエマに問いかけます。レイはエマが鬼を絶滅させることを良いと思っていないことに気が付いていました。, エマは鬼が人間を食べるのは許せないが、一方で鬼と自分達が何が違うのか分からなくなっていたのです。鬼も人間と同じように生きるために食べていて、かつて自分達を助けてくれたムジカは友達なのです。友人の同族を滅ぼしたくないというのがエマの本心でした。, 七つの壁で約束を結び直しても、鬼の退化を止めることが出来ずエマはどうしたらよいのか分からなくなってしまいました。, レイはエマの本心は分かるが、自分では解決策を出すことができないと告げます。レイはエマに、すぐに露見するような本心はいつか膨れ上がって暴走する、だからこそ納得できないなら問題と向き合うべきだとエマに助言します。, レイは悩みをノーマンに相談すべきだと話します。また、ノーマンの鬼に対する推理が本当なら、エマ達を助けたソンジュとムジカは人を食べていないにも関わらず人の形を保ち続ける例外であることにも気づきます。もしその例外の鬼の秘密をしれば、共存の道を見つけることもできるかもしれないと思ったエマ達はノーマンの部屋を訪れます。, ところが、其処にノーマンの姿はなくエマ達に興味を持つ不思議な男女が集まっていました。, ヴィンセント、シスロ、バーバラと名乗る3人は試験農園Λ7214で出会いノーマンに助けられた子供達でした。彼らはボスではない、ノーマンの話を聞きたがり、エマ達はGF時代の彼の様子を伝えます。隠れ家でのボスとしてのノーマンは帝王のようなイメージで、エマ達が知るノーマンとは別人のような人物像でした。, 地獄のような試験農園からノーマンによって助けられた3人は強く鬼を憎んでおり、鬼を殺すことを生きがいとしていました。エマの目に宿る鬼への同情に気付いたバーバラはエマを責めますが、ヴィンセントはもう計画を止めることは出来ないと話します。, 「約束のネバーランド」14巻ではついにエマ達がW.ミネルヴァを名乗る人物の元にたどりき、その正体がかつてGFで共に過ごしたノーマンであることを知ります。エマやレイ、そして家族とノーマンの再会のシーンはとても感動的で、思わず涙ぐんでしまいます。, ところが、同時に不穏な影も物語の中に感じられます。ノーマンはかつてのエマやレイが知っている彼とは何処か異なる、冷たい雰囲気を帯びる青年へと変わっていました。, 鬼を絶滅させるための計画を進めるノーマンと、鬼の絶滅を願えないエマ。二人の進む道がどうぶつかってしまうのか、15巻も目が離せない展開になっています。, -ホラー・サスペンス, 完結マンガ, 実写ドラマ・映画・アニメ化, 異世界・ファンタジー.

女性 起業家 有名, カルロス国王 黙れ Tシャツ, スマホ 人差し指 おじさん, 福岡 から東京 パック, Iphone Se タップしてスリープ解除, ギルティギア ソル 立ち回り,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *