佐野高校 倍率 2019

今回ポケカードラボでは、拡張パック『ムゲンゾーン』に登場する《ジュナイパー》を使ったモクロー&アローラナッシーGX/ジュ... 今回ポケカードラボでは、 TSUTAYA岡崎牧御堂店のジムバトルで優勝をしたボーマンダVMAX/ポリゴンZのデッキレシピと、優勝... 今回ポケカードラボでは、ポケモンカードチャンネルで使用されていたマルヤクデVMAX/ボルケニオンのデッキレシピをご紹介しようと思... 今回ポケカードラボでは、公式サイトで公開されたサーナイトVMAXのデッキレシピをご紹介しようと思います。 ポケカ四天王直伝のデッキレシピを公開!強化拡張パック「vmaxライジング」収録のカードを使った厳選レシピを紹介します。目次ポケカ四天王・イトウ シンタロウ直伝ここが強い!このデッキはポケモ … これも前はデッキに必ず1枚は入っていた印象が高く、再録くるまではちょっと値段した。 手札がこのカード含む6枚以上だと使えない。相手の場の数分、山札から引けるので最大6枚ドロー. 1デッキ500円で購入できる「Vスタートデッキ」になります。, 他のパックに比べて1パック500円と高いですが、レアカードが1枚確実に当たる仕様になっています。, 《タッグオールスターズ》当たり箱・封入率は? みんなの開封結果をまとめ!SR10枚パックも【開封結果】, このパックにはポケモン剣盾シリーズで人気のポケモンドラパルトやストリンダーが収録されています。, 【ストリンダーV】反逆のクラッシュ スペシャルセットは購入するべきなのか? 開封してみた感想, ムゲンダイナがパッケージの「ムゲンゾーン」は、悪タイプのポケモンが多く収録されている。, このパックの最大の特徴は、どのデッキにも必須級な「クロバット」が収録されています。, この商品はデッキ構築に必要な優良カード158枚も収録されているボックスになります。, 全種類のエネルギーカードが収録されているので、色々なタイプのデッキを作りたい人におすすめです。, カードのほかにもパックやプレミアム仕様のダメカンケース、コインなどもセットになっています。, 【ポケカ】デッキ構築に必要カード多数収録! プレミアムトレーナーボックスを開封してみた【ポケモン剣盾】. c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g, 今回ポケカードラボでは、2020年の各時期における環境トップのデッキレシピたちを紹介していきます。, 新しく出てきたものもあれば強いままのものもあるので、ぜひチェックしてみてください!, ポケモンカードのデッキを構築する時の参考になるような記事になっています。関連デッキの紹介もしているので活用してくださいね。, 7月10日に拡張パック『伝説の鼓動』が発売され、それと同時に『リザードンHR争奪戦』が始まりました!, 《マホイップVMAX》《セキタンザンVMAX》《トゲキッスVMAX》と、非常に強力なポケモンVMAXが登場し、さらにアメイジングレアというカードまで出てきました。, 特に《ジラーチ》は、現段階では採用デッキは少ないのですが、今後のレギュレーション変更があった際に主流になるのではないかと言われていて、すでに入手が難しくなってきています。, また、現在でも、三神ザシアン・ピカゼク・ミュウツー&ミュウGX・ズガドーンは環境上位デッキとして活躍しています。, 《マホイップVMAX》の「キョダイホイッパー」は、ワザのダメージが大きい代わりに毎ターン場のエネルギーをトラッシュしなければいけません。, 一見デメリットのように思えるのですが、ベンチに《アーゴヨン》を置くことで、特性「チャージアップ」でトラッシュしたエネルギーをつけ直して、連続して「キョダイホイッパー」を撃っていくことができます。, ワザでエネトラッシュ→特性でつけ直し→ワザでエネトラッシュというループができるので非常に相性がよく、同じコンセプトとしては《アーゴヨン》の代わりに《カラマネロ》が採用されている場合もあります。, 《セキタンザンVMAX》のワザ「ふんかだん」は、山札からトラッシュしたカードがエネルギーなら、ダメージアップ+それをそのまま自分につけることができます。, 本来ならかなりランダム要素のあるワザなのですが、《マグカルゴ》の特性「じならし」で確定で山札のトップをエネルギーにできるので、130ダメージを連発しながらエネ加速をしていけます。, また、『伝説の鼓動』では《ストーン闘エネルギー》が登場し、闘ポケモンの被ダメージを減らしてくれるので、HPが高い《セキタンザンVMAX》の耐久力をさらに上げてくれています。, さらに今回のデッキでは、炎エネルギーも採用することで、《マグカルゴGX》も攻撃参加できるようにしています。, 《セキタンザンVMAX》の弱点が草タイプなので、そこに弱点を取れる炎ポケモンが相方にいてくれるのは、非常に心強いですね。, 《トゲキッスVMAX》は無色タイプなので、ここでは紹介しきれないほど色々な組み合わせがあります。, たとえば今回紹介しているデッキのように《ガオガエン》と合わせることでダメージアップを狙ったり、雷や鋼のアタッカーと合わせたり、エネ破壊をしたりと様々です。, 《トゲキッスVMAX》の「ダイグライド」で好きなカードを2枚も持ってこれるという点で、非常に自由度が高くなっているので、今からでも自分なりの組み合わせを見つけてみるのも面白いかもしれません♪, アメイジングレアの《ライコウ》のワザ「アメイジングシュート」はベンチにまで攻撃できる非常に強力なワザなのですが、必要エネが3種類もあることがネックになっています。, ですが、《ゼラオラGX》の「フルボルテージGX」を活用することで、この3種類のエネルギーを一気に貼ってしまおうという狙いがあります。, 《ツボツボ》や《デデンネGX》の特性でエネルギーをどんどんトラッシュしていき、後攻1ターン目には「フルボルテージGX」で《ライコウ》を育て切っておきたいですね。, なかでもやはり《ムゲンダイナVMAX》は非常に強力で、発売直後から速攻で環境上位に来ています。, また、《クロバットV》《ターボパッチ》といったどのデッキにも採用できるカードが登場したので、今までのデッキも今後さらに強くなって環境に入ってくるはずです。, 特性「ムゲンゾーン」を発動させてベンチを8匹まで展開することで、序盤から《ムゲンダイナVMAX》の「ドレッドエンド」で270ダメージを狙うことができます。, 《クロバットV》と非常に相性がよく、悪タイプ、なおかつ特性「ナイトアセット」で手札を補充できるので、ものすごい速度での展開が可能です。, ベンチに置く悪ポケモンとしては、《ガラルジグザグマ》《マニューラGX》《ヤミラミ》《アローラペルシアンGX》《マニューラ》というように色々な型がいるので、自分がしっくりと来る型を見つけたいですね。, 《クワガノンV》のグッズロックを軸に、《タフネスマント》で耐久力を上げたり、《ジャイアントボム》で相手にカウンターのような形でダメカンを乗せながら攻めていくデッキです。, 中盤以降の《ライチュウ&アローラライチュウGX》での「タンデムショック」も非常に強く、入れ替えカードの採用が若干薄い今の環境を狙って、うまく相手をマヒにして動けなくする、という戦いがよく見られました。, 6/27・6/28に開催された『ポケモンジャパンナショナルオンライン2020(PJNO)』でも、200以上の参加者の中から優勝を勝ち取っていたので、強力なデッキであることは間違いなしです!, 基本的には《チラチーノ》でドローしながら《ジュジュベ&ハチクマン》を使い、《ヤレユータン》の「リソースマネジメント」でトラッシュのカードを山札に戻して再利用する、というLOデッキです。, これまでの構築との違いは、《きとうし》を入れることで《クワガノンV》のグッズロックを解除できる点、そして《ともだちてちょう》を使わなくても《エネコロロ》の特性「フレンドサーチ」でトラッシュのサポートを直接手札に戻せる点です。, ねむりやマヒといった特殊状態も解除できるように、しっかりと《フウとラン》《ヤレユータン》が採用されています。, 《チラチーノ》型とは違い、《メリープ》の特性「ふわふわまくら」と《まどろみの森》のコンボで相手をねむらせたままLOを目指していきます。, 《ムゲンダイナVMAX》という超スピード型のデッキが出てきて、LOが苦手な《ドラパルトVMAX》《三神ザシアン》が減ってきたことから、再びLOデッキが上位に上がってきました!, 特性「みつりんめいさい」はポケモンV・ポケモンVMAX・ポケモンGXからワザのダメージを受けないので、それらが主体のデッキが多い今の環境では、一方的に勝つことができます。, 2進化なので進化して盤面を完成させるまでは少し時間がかかるのですが、今回の構築の場合は《モクロー&アローラナッシーGX》を採用することで、最速で後攻1ターン目から「スーパーグロウ」で《ジュナイパー》を立てられるようにしています。, 《ポリゴンZ》の特性「クレイジーコード」によって1ターンに特殊エネルギーを何枚でもエネ加速できるので、それを利用して《ボーマンダVMAX》を序盤から攻撃させていくデッキです。, 進化タイプ専用の《トリプル加速エネルギー》、無色タイプ専用の《パワフル無色エネルギー》、そしてトラッシュに行かない《リサイクルエネルギー》など、優秀な特殊エネルギーたちを採用して、「ダイウイング」を連発していきます。, 4月24日に拡張パック『爆炎ウォーカー』が発売され、《マルヤクデVMAX》《サーナイトVMAX》といったポケモンVMAXが登場しました!, さらにグッズロックができる《クワガノンV》や、非V・GXの《マッドパーティ》など面白いアタッカーたちが収録されています。, この期間はコロナウイルスの影響でジムバトルやCLが中止となってしまっていたため、2か月分まとめての紹介となります。, 《大きなおまもり》《ヒート炎エネルギー》で最高HPを上げつつ、「キョダイヒャッカ」でどんどんダメージを上げていける《マルヤクデVMAX》!, 2エネから撃てるだけでなく、後攻なら《ボルケニオン》の「フレアスターター」で3エネは確定なので、2ターン目から160以上を出していけることになります。, ワザの効果でエネ加速ができるので、《すごいきずぐすり》とも相性がよく、炎ポケモンには珍しく耐久型として使うことができます。, こちらはトラッシュに落とした基本エネを《ゼラオラGX》の「フルボルテージGX」で一気に《マルヤクデV》《マルヤクデVMAX》にエネ加速させて攻めるデッキです。, 後攻1ターン目にGXワザを撃つことができれば、次の番からは《マルヤクデVMAX》が大ダメージを出していけます。, 《サーナイトVMAX》の「ダイキュアー」は180ダメージを与えつつHPを50回復できるので、《マオ&スイレン》《妖しいカンヅメ》と合わせることでダメージを一気に回復しつつ攻めていくことができます。, また、《妖しいカンヅメ》はHPを80回復する代わりにエネをトラッシュしてしまうのですが、《カラマネロ》の特性を使うことでそのエネをベンチへのエネ加速にうまく利用することができるので、カード同士の相性もとっても良いです。, ワザ「マッドパーティ」を持っているポケモンは4種類なので、そこをいかに多く早くトラッシュしてダメージを出すかがカギになってきます。, 今回のデッキでは《チラチーノ》を採用することで、特性で手札の《マッドパーティ》をトラッシュしつつ展開できるようにしていますね。, 《クワガノンV》の「パラライズボルト」でのグッズロックに加えて、《メリープ》の特性「ふわふわまくら」と《まどろみの森》のコンボで相手をねむらせたままにするという、かなりの妨害デッキです。, グッズロックの最中では《ポケモンいれかえ》《エスケープボード》《回収ネット》を使うことができず、相手はコインを2回連続でオモテにして起きなければいけません。, 3月6日に拡張パック『反逆クラッシュ』が発売され、《ストリンダーVMAX》《ドラパルトVMAX》といった強力なアタッカーが登場しました。, ですが何よりみなさんが衝撃を受けたのは、相手ベンチを好きに呼びだせる《ボスの指令》の登場ではないでしょうか!, 《ドラパルトVMAX》の「ダイファントム」によるダメカンのばらまきに加えて、《ホラー超エネルギー》で攻撃してきた相手にダメカンを乗せることもできるので、とにかく相手を倒しやすくなっています。, 進化前のポケモンは大体がHP50~70くらい、さらに環境に多い《ジラーチ》もHP70なので、2ターンもあれば、相手のベンチを2匹いっぺんに倒すことも可能です。, ・《マーシャドー》にぎりぎりまでダメカンを移動させる→特性「リセットホール」でトラッシュへ。, ・《ギラティナ》にわざとダメカンを乗せ切ってきぜつさせる→特性「やぶれたとびら」で再びベンチに+相手ベンチにダメカンを載せる。, 《ミュウツー》や《ガラルジグザグマ》に《回収ネット》を使うことで、サポートを再利用したりダメカンを相手に何度も乗せる動きができます。, 実際に対戦でも、《エール団のしたっぱ》を《ミュウツー》の特性で回収して相手の攻撃ペースを鈍らせたり、《ドラパルトVMAX》で微妙に足りない打点を《ガラルジグザグマ》の特性でカバーして倒していたりと、見事な動きをしていました。, 《ダストダス》の特性「どくだまり」で相手をどく状態にして、《ストリンダーVMAX》の「キョダイライオット」で240ダメージを出していくデッキです。, スタジアムが出やすい環境なので《ダストダス》の特性が出しやすく、また、《エレキパワー》で簡単に《ストリンダーVMAX》のダメージをアップできるので、かなり決まりやすいコンボではないでしょうか。, 《カラマネロVMAX》がサイドを3枚ずつ取られることを活かして、あえて《ムウマージ》の特性でサイドを取らせて、そこから一気に攻め込んでいくデッキです。, 「ダイジャマー」は相手に180ダメージを与えつつ、相手の手札を1枚山札の下に戻せるので、相手を手札事故に追い込むことができます。, さらにこの環境でトップの《ドラパルトVMAX》に対して弱点を突くことができるので、うまく序盤から盤面を整えていきたいですね。, こちらは『スタートデッキVMAX リザードン』に収録された《リザードンVMAX》を使ったデッキです。, 《ボルケニオン》がいることで後攻からでも「フレアスターター」で充分にエネ加速ができ、《リザードンVMAX》が序盤から「キョダイゴクエン」を撃つことができます。, ただし、「キョダイゴクエン」での300ダメージはタッグチームまでなら一撃なのですが、ポケモンVMAXを倒すことができません。, そこで《ガラルジグザグマ》の特性と《回収ネット》のコンボを組み込むことで、HP320、330といったポケモンVMAXが相手でも一撃圏内に持っていくという戦術も採用されています。, 2月7日に強化拡張パック『VMAXライジング』が発売され、様々なアタッカーが登場しました。, また、《ツインエネルギー》の登場は非V・GXのポケモンにとって環境を大きく変えてくれるカードとなっています。, 三神ザシアン、ミュウミュウ、ピカゼクといったタッグチームが出てきたことで再び評価されているデッキです。, 《しあわせタマゴ》があることで、《ズガドーン》がきぜつしてからの展開も楽になり、テンポよく大ダメージを与え続けられるようになっています。, HP320という高HPがあるので一撃で倒されることがほぼ無く、大ダメージを与えてきた相手に対しては、《マオ&スイレン》で回復しつつ、逆に「カウンター」で致命傷を与えることができます。, ダメージを与えてこない相手には「ダイカエンダマ」でしっかりと170ダメージを出していけるので、非常に強力なポケモンVMAXです。, 「ハイドロスナイプ」と《エール団のしたっぱ》によって相手のエネを枯らせつつ攻めていくデッキです。, 相方に《ムウマージ》を採用することで、相手にサイドをわざと取らせて、最速2ターン目には《カウンターゲイン》込みで「ダイバレット」を撃つことができます。, 《インテレオンVMAX》が2匹やられるとサイド6枚とられてしまうので、それなら《ムウマージ》で1枚くらいサイドを取らせて、逆にそれを活かして攻め切ろうという作戦の構築になっています。, 従来のチラチーノLOに加えて、《アローラベトベトン》の特性「いかものぐい」を加えることで、さらに速くLOを狙っていくデッキです。, 《ヌケニン》の特性「いのちのうつわ」でサイドを取らせない動きもできるので、そのぶん試行回数を増やしてどんどん相手の山札を削っていくことができます。, コイン運しだいになりますが、《ドラパルト》の特性「すりぬけ」によって相手からの攻撃を無効化して攻めていくデッキです。, コインというブレが存在するぶん、オモテになればダメージは0なので、実質相手の番が無くなっていることと同じになり、有利に試合を進めていくことができます。, 《パルスワンV》は場に雷エネがあればあるほど「ライトニングストーム」でダメージを出していけるだけでなく、《ズガドーンGX》のワザと違ってエネをトラッシュする必要がないので、対戦の終盤になるほどダメージ量がアップしていきます。, エネが場に残るということは、《アーゴヨン》もいつでも攻撃準備ができているということなので、状況によってアタッカーを切り替えられるのも特徴です。, 《モルペコV》の「エレキホイール」でベンチからバトル場に出すポケモンとして、『VMAXライジング』で登場した《ガラルサニゴーン》を採用したデッキです。, 《ガラルサニゴーン》の特性「ほろびのボディ」は、攻撃してきぜつさせてきた相手をコイン運しだいでみちづれにできるので、相手に攻撃をさせにくくすることができます。, 12月に拡張パック『ソード』『シールド』からこの月での新弾の発売は無かったので、先月までの環境がより研究されたという月だったかと思います。, 12月に《ザシアンV》《メタルソーサー》が登場して以降、《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》とのエネの相性も相まって一気に流行ったデッキです。, 《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》の「オルタージェネシスGX」によってダメージ量と取れるサイド枚数をアップさせ、「アルティメットレイ」でダメージを与えながらエネ加速もできるので、非常にハイペースで展開を有利にすることができます。, 今回取り上げた構築は《カラマネロ》を軸とした超型ミュウツー&ミュウGXデッキですが、ここに《オーロラエネルギー》が採用されていたり、超型ではなく《溶接工》を使った炎型ミュウツー&ミュウGXデッキなど色々な型があります。, おそらくピカゼクデッキが今のポケカの環境で一番長くトップに残っているのではないでしょうか!, 展開スピードが非常に速く、今回でいうと《カプ・コケコV》のように強力な雷ポケモンが出るほど型を変えてさらに強力になっていくのが特徴です。, 《マグカルゴ》《ヤレユータン》の特性で確実に欲しいカードを引いて相手をコントロールするだけでなく、《メリープ》の特性と《まどろみの森》のコンボで相手を寝かせたまま攻撃させずにLOを狙う、という相手にするとかなり厄介なデッキです。, 自分は一度ミラーで戦ったことがあるのですが・・・もちろんお互いにLOをさせることができず、引け訳=負けになってしまいました笑, 炎エネを多く採用することで、《溶接工》でのエネ加速だけでなく、《キュウコン》の特性までしっかりと使えるようになっています。, ポケモンカードゲーム ソード&シールド ハイクラスパック シャイニースターV BOX, 《2019年版》最新!環境トップデッキレシピ66選!!←今後も続々追加(11/3更新).

Amg A45s 納車 11, カシオ ネームランドテープ ヨドバシ 4, スカイリム コンソール 蘇生 15, 名探偵ポワロ ベストエピソード 結果 20, 休職 転職 源泉徴収 4, エクセル グラフ ラベル はみ出る 7, 花束 画像 高画質 16,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *