スプレッドシート ピボットテーブル 計算フィールド 4

エラーを防ぐことができます。, アイテムの位置による参照    現在アイテムが並べ替えられて表示されている位置を使用してアイテムを参照できます。 種類[1] は "乳製品"、種類[2] は "魚介類" になります。 この方法で参照したアイテムは、アイテムの位置を変更したり、異なるアイテムの表示と非表示を切り替えるたびに変わります。 非表示のアイテムは、このインデックスの対象にはなりません。, 相対位置を使用してアイテムを参照できます。 アイテムの位置は、数式が含まれる集計アイテムに対して相対的に決定されます。 現在の選択範囲が "南部" の場合、地域[-1] は "北部" を示し、現在の選択範囲が "北部" の場合、地域[+1] は "南部" を示します。 たとえば、集計アイテムで =地域[-1] * 3% などの数式を使用できます。 フィールドの先頭のアイテムより前、または末尾のアイテムより後ろの位置を指定した場合は #REF! 細かく調整しながらデータを見る機能のピボットテーブルの特性には合いません。 エラーを防ぐことができます。 たとえば、レポートの "種類" フィールドと "分類" フィールドの両方に "肉類" というアイテムがある場合は、アイテムを参照するときにそれぞれ、種類[肉類]、分類[肉類]と指定することで、#NAME? Power Automate 「OneDrive For Business」の記事一覧, Power Automate 「Excel Online (Business)」の記事一覧, Power Automate 「Excel Online (OneDrive) スプレッドシートにツイートを保存する」テンプレートの利用方法, Power Automate 「テーブルの作成(Excel Online (Business))」アクション. 『ピボットテーブル』・・・私にとってExcelの分からない&使ったことがない機能ですが、ちょっと気になってました。 先日、Googleスプレッドシートにも同様の機能があることを知り、良い機会なので使い方等を調べてみました。 1 つの集計アイテムに複数の数式がある場合は、そのアイテムの作成時に入力された既定の数式の列 B に、集計アイテム名が表示されます。集計アイテムの、既定以外の数式の場合は、列 B には集計アイテム名と、交差するアイテムの名前の両方が表示されます。, たとえば、"マイアイテム" という名前の集計アイテムに既定の数式があり、このアイテムに "マイアイテム 1 月売上" という名前の別の数式があるとします。 ピボットテーブルでは、この数式は "マイアイテム" 行と "1 月" 列が交差する "売上" セルにあります。, ヒント: 集計アイテムや数式が複数ある場合に、計算の順序を調整することができます。 詳細については、「集計アイテムまたは数式が複数ある場合の計算順序を調整する」を参照してください。, 注: ピボットテーブルから数式を削除すると、元に戻すことはできません。 数式を後で再び使用する可能性がある場合は、フィールドまたはアイテムをピボットテーブルの外にドラッグして非表示にすることができます。, 集計フィールドは、[ピボットテーブルのフィールド リスト] に表示されます。 集計アイテムは、他のフィールド内のアイテムとして表示されます。, 集計アイテムを削除するには、ピボットテーブルで、削除するアイテムが含まれているフィールドをクリックします。, [分析] タブの [計算] グループで、[フィールド/アイテム/セット] をクリックし、[集計フィールド] または [集計アイテム] をクリックします。, 現在のピボットテーブルで使用されているすべての数式の一覧を表示するには、次の操作を行います。, [オプション] タブの [ツール] グループで、[数式] をクリックし、[数式の一覧表示] をクリックします。, 数式が集計フィールドと集計アイテムのどちらに含まれているかを確認します。 集計アイテムに含まれている数式の場合は、次の操作を行って、その集計アイテムの唯一の数式であるかどうかを確認します。, 変更しようとしている数式が、数式の一覧の [集計フィールド] と [集計アイテム] のどちらに表示されているかを確認します。, 1 つの集計アイテムに複数の数式がある場合は、そのアイテムの作成時に入力された既定の数式の列 B に、集計アイテム名が表示されます。集計アイテムの、既定以外の数式の場合は、列 B には集計アイテム名と、交差するアイテムの名前の両方が表示されます。, [オプション] タブの [ツール] グループで、[数式] をクリックし、[集計フィールド] をクリックします。, [オプション] タブの [ツール] グループで、[数式] をクリックし、[集計アイテム] をクリックします。, たとえば、OrangeCalc という名前の集計アイテムの数式を「=Oranges * .25」と入力して、すべての月にこの集計アイテムを追加した後で、6、7、8 月の数式を =Oranges *.5 に変更できます。, [オプション] タブの [ツール] グループで、[数式] をクリックし、[解決の順序] をクリックします。, ヒント: 数式を後で再び使用する可能性がある場合は、フィールドまたはアイテムを非表示にすることができます。 フィールドを非表示にするには、レポートの外にドラッグします。, Web 用 Excel でピボットテーブルの値を集計するには、Sum、Count、Average などの集計関数を使います。 既定では、値フィールドの数値に対して Sum 関数が使われますが、別の集計関数も選択できます。, ピボットテーブル内の任意の場所を右クリックし、[フィールド リストの表示] をクリックします。, [ピボットテーブル フィールド] リストの [値] で、値フィールドの横の矢印をクリックします。, 注: 集計方法は、オンライン分析処理 (OLAP) のソース データに基づくピボットテーブルでは使えません。, 空でない値の数。 "個数" の集計方法は、COUNTA 関数と同じです。 "個数" は、数値以外の値または空白を含む値フィールドに対して既定で使用されます。, 数値が含まれている値の個数 (空でない値を含む "Count" とは異なります)。, Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。. 2020年5月11日. ピボットテーブルで値を計算するときは、次の方法を単独で、または複数を組み合わせて使用できます。 値フィールドの集計関数 値領域に表示されるデータは、ピボットテーブルの基になるソース データを集計した結果です。 たとえば、次のようなソース データがあるとします。 次のピボッ Googleスプレッドシートとは. 現役システムエンジニアが業務改善関連の「実施した講座の内容」や「実務で遭遇した課題と対処方法」などを掲載するブログです。, ピボットテーブルを使用すると集計結果同士を計算する項目を作成したい場合があります。, ピボットテーブルの外から式を組む方法もあるのですが操作の度に式が必要になる場合があり, そこで集計フィールドの挿入を使えば数式を登録してピボットテーブルの項目に出来るため、. GETPIVOTDATA("単位当たりの平均価格", A1, "区分", "東"), GETPIVOTDATA("単位当たりの価格", B2, "区分", "東", "小区分", 2), GETPIVOTDATA(A1, ‘ピボット テーブル'!A1, "区分", A2), GETPIVOTDATA(値の名前, ピボットテーブルのセル, [元の列, ...], [ピボットのアイテム, ...]), QUERY - Google Visualization API のクエリ言語を使用して、データ全体に対するクエリを実行します。, FILTER - ソース範囲をフィルタ処理して、指定した条件を満たす行または列のみを返します。, GETPIVOTDATA 関数を使用してピボット テーブルからさまざまな属性を抽出します。, 職場や学校で Google ドキュメントなどの Google のサービスを利用している場合は、役に立つヒント、チュートリアル、テンプレートをお試しください。Office をインストールせずに Office ファイルを操作する方法、プロジェクト計画やチーム カレンダーを動的に作成する方法、受信トレイを自動的に整理する方法などをご確認いただけます。, //www.google.com/tools/feedback/metric/report, 複数の値フィールドがある場合は、ピボット テーブルに表示されている正確な名前(例:「SUM of Sales」)を使用する必要があります。, フィールド名を参照している場合を除き、引数に指定するテキストでは大文字と小文字が区別されません。大文字と小文字を自由に組み合わせることができます。, GETPIVOTDATA で値を返すには、その値がピボット テーブル自体に存在する必要があります。. Excelのような表計算や、グラフ作成ができます。オフライン設定もあります。 強力なGoogleスプレッドシート独自の関数やスクリプト等の機能があり、速度こそエクセルに劣りますが、強力なビジネスツールです。 ピボットテーブルを使用すると集計結果同士を計算する項目を作成したい場合があります。. Copyright © 誰でもできる業務改善講座 All Rights Reserved. ピボットテーブルの外から式を組む方法もあるのですが操作の度に式が必要になる場合があり. 集計 計算フィールド 複数 月ごと 同期 並び替え ピボットテーブル ピボット テーブル スプレッドシート スプレッド シート グループ化 できない google google-spreadsheet ピボットテーブルでは、値フィールドで集計関数を使用して、基になるソース データの値を組み合わせることができます。 集計関数やユーザー設定の計算で望みどおりの結果が得られない場合は、独自の数式を集計フィールドや集計アイテムの中で作成できます。 たとえば、売上手数料が地域ごとに異なる場合に、売上手数料を計算する数式を集計アイテムに追加します。 このようにすると、ピボットテーブルの小計と総計に手数料を自動的に加算することができます。, ピボットテーブルでは、さまざまな方法でデータを計算できます。 ここでは、使用できる計算方法、ソース データの種類による計算方法の違い、数式をピボットテーブルやピボットグラフで使用する方法について説明します。, ピボットテーブルで値を計算するときは、次の方法を単独で、または複数を組み合わせて使用できます。, 値フィールドの集計関数    値領域に表示されるデータは、ピボットテーブルの基になるソース データを集計した結果です。 たとえば、次のようなソース データがあるとします。, 次のピボットテーブルとピボットグラフを作成します。 ピボットテーブル内のデータからピボットグラフを作成すると、そのピボットグラフの値には、関連するピボットテーブル レポートでの計算が反映されます。, このピボットテーブルには、"月" 列フィールドのアイテムとして "3 月" と "4 月" があります。 "地域" 行フィールドのアイテムは "北部"、"南部"、"東部"、"西部" です。 "4 月" の列と "北部" の行が交差する位置の値は、ソース データのレコードのうち "月" の値が "4 月" で、"地域" の値が "北部" であるものの売上高の合計です。, ピボットグラフでは、"地域" フィールドが項目フィールドとなっており、"北部"、"南部"、"東部"、"西部" が項目として表示されます。 "月" フィールドは系列フィールドであり、アイテム "3 月"、"4 月"、"5 月" が系列として凡例に表示されます。 "値" フィールドの "売上合計" には、各地域の各月の売上合計を表すデータ マーカーが表示されます。 たとえば、あるデータ マーカーは、その縦 (値) 軸上の位置から、"北部" 地域の "4 月" の売上合計であることがわかります。, 値フィールドを計算するには、以下の集計方法を使用できます。これらは、オンライン分析処理 (OLAP) ソース データを除くすべての種類のソース データに対して使用できます。, データ値の個数。 COUNT 集計関数の機能は、COUNTA 関数と同じです。 COUNT は、数値以外のデータに対する既定の関数です。, 数値であるデータ値の個数。 "数値の個数" の集計方法は、COUNT 関数と同じです。, ユーザー設定の計算    ユーザー設定の計算では、データ エリア内の他のアイテムやセルに基づいて値を表示します。 たとえば、"売上合計" データ フィールドの値を "3 月" の売上に対するパーセンテージで表示したり、"月" フィールドのアイテムの累計として表示することができます。, 各列または各系列のすべての値が、その列または系列の合計に対する比率として表示されます。, 値を、[基準フィールド] の [基準アイテム] の値に対する比率の差として表示します。, 値は [基準フィールド] 内の連続するアイテムについて計算され、累計が比率として表示されます。, 特定のフィールド内の選択された値の順位を表示します。最小のアイテムが 1 と表示され、以降値が大きくなるにつれて順位が高くなります。, 特定のフィールド内の選択された値の順位を表示します。最大のアイテムが 1 と表示され、以降値が小さくなるにつれて順位が高くなります。, 数式    集計関数やユーザー設定の計算で望みどおりの結果が得られない場合は、独自の数式を集計フィールドや集計アイテムの中で作成できます。 たとえば、売上手数料が地域ごとに異なる場合に、売上手数料を計算する数式を集計アイテムに追加します。 このようにすると、レポートの小計と総計に手数料を自動的に加算することができます。, レポートで使用できる計算方法やオプションは、ソース データが OLAP データベースからのものか、それ以外からのものかによって異なります。, OLAP ソースのデータを基にした計算    ピボットテーブルを OLAP キューブから作成すると、OLAP サーバーで事前に計算された集計値が Excel に結果として表示されます。 この事前計算された値の計算方法をピボットテーブルで変更することはできません。 たとえば、データ フィールドや小計の計算に使用される集計関数を変更することや、集計フィールドや集計アイテムを追加することはできません。, また、OLAP サーバー側で集計フィールド ("計算メンバー" と呼ばれます) が定義されている場合は、そのフィールドが [ピボットテーブルのフィールド リスト] に表示されます。 この他に表示される集計フィールドおよび集計アイテムとしては、Visual Basic for Applications (VBA) マクロによって作成されてブックに保存されたものがありますが、そのようなフィールドやアイテムを変更することはできません。 別の種類の計算が必要な場合は、OLAP データベース管理者にお問い合わせください。, OLAP のソース データに対しては、小計や総計を計算するときに非表示アイテムの値を含めるか除外するかを指定できます。, OLAP 以外のソース データを基にした計算    Excel では、ピボットテーブルのソース データが他の種類の外部データやワークシート データに基づく場合、数値データを含む値フィールドの計算には Sum 集計関数が使用され、テキストを含むデータ フィールドの計算には Count 集計関数が使用されます。 データをさらに詳しく分析してカスタマイズするために、Average、Max、Min などの別の集計関数を選択することもできます。 また、レポートの要素や他のワークシートのデータを使用する数式を独自に作成することもできます。そのためには、集計フィールドを作成するか、集計アイテムをフィールド内に作成します。, 数式を作成できるのは、レポートのソース データが OLAP 以外の場合のみです。 OLAP データベースに基づくレポートでは数式を使用できません。 ピボットテーブルで数式を使用するときは、次に示す数式の構文規則と数式の動作に注意してください。, ピボットテーブルの数式要素    集計フィールドや集計アイテム用に作成する数式では、ワークシートの他の数式と同様に、演算子と式を使用できます。 定数を使用したり、レポートのデータを参照したりすることはできますが、セル参照や定義された名前を使用することはできません。 引数としてセル参照や定義された名前を必要とするワークシート関数を使用することはできません。また、配列関数も使用できません。, フィールド名とアイテム名    Excel では、レポートのフィールドやアイテムに付けられた名前を使用して、これらの要素を数式内で識別します。 次の例では、範囲 C3:C9 のデータを参照するのに、"乳製品" というフィールド名が使用されています。 乳製品の売上高に基づいて新しい製品の売上高を推定するための集計アイテムを "種類" フィールドに作成する場合、数式は =Dairy * 115% のようになります。, 注: ピボットグラフの場合、フィールド名はピボットテーブルのフィールド リストに表示され、アイテム名は各フィールドのドロップダウン リストに表示されます。 これらの名前は、グラフのヒントに表示される系列名およびデータ要素名とは異なるので、注意してください。, 個々のレコードではなく、合計の結果に対して作用する数式    集計フィールドの数式は、数式で使用されているフィールドの基になるデータの合計に対して作用します。 たとえば、集計フィールドの数式を「=Sales * 1.2」と入力すると、各種類および地域の売上の合計に 1.2 が乗算されます。つまり、個々の売上に 1.2 を乗算した後、その結果を合計するわけではありません。, 集計アイテムの数式は、個々 のレコードに作用します。 たとえば、集計アイテムの数式を「=Dairy *115%」と入力すると、乳製品の個々の売上に 115% を乗算した後で、その結果を値領域全体で合計した金額が計算されます。, 数式に含まれるスペース、数値、記号    複数のフィールドが含まれる名前では、フィールドを任意の順序で指定できます。 上の例では、セル範囲 C6:D6 の名前として '4 月北部' と '北部 4 月' のどちらでも使用できます。 名前が複数の単語で構成される場合、または数値や記号が含まれる場合は、単一引用符で囲みます。, 合計    数式で合計を参照することはできません (たとえば、例の "3 月計" や "4 月計"、"総計" などの行は参照できません)。, フィールド名を使用したアイテムの参照    フィールド名を使用してアイテムを参照できます。 アイテム名は、地域[北部] のように角かっこで囲みます。 レポート内の異なる 2 つのフィールドに同じ名前のアイテムが存在する場合は、この形式を使うことで #NAME?

ツムツ ム スキルチケット チート 35, パナソニック 業務用 冷蔵庫 エラーコード E0 15, 四柱推命 命式 相性 29, Bmw Owner's Manual 4, Escape Rx Disc 在庫 11, ラストシンデレラ 動画 フリドラ 12, Ns 1500mc 価格 7, Spring Security リクエスト Url 5, Unity Canvas Scale 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *