コカコーラ 種類 歴代 11

少し変わったところで、「バニラ コカ・コーラ」が。2003年にアメリカで人気を博したことで日本でも2013年に、一時的に販売されていましたが、味はコーラフロートに近い印象。だけど、少々バニラエッセンスの香りが高く、味については賛否が分かれました。 ※掲載されている価格は記事掲載時のものとなります。税込価格に関しては、消費税の税率により変動することがあります。, Copyright (c) Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. ‚èã‚ª‚Á‚½BŽ‚Á‚Ä‚¢‚éƒ{ƒgƒ‹‚Í‚U‘ã–ځiŒãŠújƒŒƒMƒ…ƒ‰[ƒTƒCƒYBicjCoca-Cola. 清涼飲料は流行りすたりが激しい商品ですね。一世を風靡したかと思えばいつの間にか無くなっている。, 昭和41年生まれの私がジュースをはじめとする懐かしの飲料を12種類ピックアップして当時を振り返ってみます。, 駄菓子屋へ行ったらまず頼むのが「とりあえず、ちびっこコーラ」。たしか25円だったと記憶しております。, 強炭酸でオリジナルのコカコーラに近い味だったような・・・サイズは子供ながらに「ちっちゃいなぁ」と感じておりました。プロポーションは抜群!瓶の下部にあるクビレがとにかくセクシー。子供の小さい手でも一周してしまうほどのサイズだったような。, 駄菓子屋内ではちびっこコーラを片手に「酢イカ」を横っ加えにしたり、あんこ玉のくじを引いたりとさながら活気のある立ち飲み屋のようでした。, 今も多数販売されている「バチもんコーラ」は口には合わないけど「ちびっこコーラ」ならば今日飲んでも旨いと感じると思います。, コカ・コーラに昔ホームサイズというボトルサイズがあったの知ってる?今考えるとあれでよくCMとかで家族で飲めとか言ってたよな : お料理速報 → https://t.co/UjOf0cn5b4 pic.twitter.com/IryhlFqF5a, 2019年現在のコカコーラといえばペットボトルが主流。500mm、1.5ℓ、2ℓと200mmの小瓶もありますね。, 昭和40年代後半は250mmの細い缶タイプと今でもおなじみの200mm小瓶、そして500mmのホームサイズという瓶タイプがありました。, 現代の主流は500mmのペットボトル。短時間のうちに一人で飲み干すのが当たり前となっていますが、同じ容量ながら当時の500mmホームサイズは家族と分け合って飲むのが当たり前の時代。, 瓶だけでもかなりの重量があるので店までのお買い物も一苦労だったんです。酒屋さんにホームサイズを買いに行くと紙の箱に入れてくれたのを思い出しました。, 画像参照 ⇒ ホームサイズを箱に入れたところ(懐かしいコーラ瓶 & コニファーガーデンさん), たいていまとめ買いをするのですが、木箱に10数本入った状態で酒屋さんが配達してくれたものです。, 瓶だけを酒屋さんに返却すると1本あたり10円くれたんですよね。今の小瓶も10円くれるのかな!?, ユーフー飲みたい…。子供の頃飲んだんだよね…。甘くて美味しかったなぁ。 pic.twitter.com/xz0HqgayiT, ユーフーを初めて飲んだのは小学3年生の夏。大洋×巨人戦を見に行った川崎球場内でした。, ユーフーは当時、テレビCMが頻繁に流れていたのでCM画像と歌は今でも鮮明に覚えています。, 「ユーフー飲んだら飲んだら飲んだら・・・どうユーフー?」といったテンポのよい曲でした。, CMが散々かかっていた割にはユーフーを飲んだのはこの川崎球場での1回だけ。ドロっとしためちゃくちゃ甘いチョコレートドリンクだったと記憶しております。まぁ、はっきりいって「ズイマー」な飲み物でした。, 広告宣伝費は相当かかっていたと思いますが、人気にならないままその後すぐに販売停止になったのかな!?パッタリとCMを見なくなってそれっきりといった感じ。ウィキペディアをみると、アメリカから来た飲み物だったようですね。興味深いのは「大洋漁業がユーフー社と提携し、原液を輸入して日本国内で缶入り加工を行い・・・」というくだり。だから川崎球場で売ってたのかなぁ、と変に納得してしまいました。「神奈川県を中心に販売」とのことなのでそれ以外の地域の方はご存知ないかもしれませんね。, ネタをがっつり書いた後に気が付いたんだけど、「カルピスソーダ」って今でも販売されていたんですね。もう勢いづいてしまったので一応書いておきます。, ウィキを見ると1973年に発売とありますので私が小学2年生のときですね。当時のカルピスって、お金持ちのお坊ちゃんの家に行くと上品なお母さんが氷入りで持ってきてくれるそこそこ高級な飲み物というイメージでした。, 後から気が付いたのですが冷静に考えると「カルピスソーダ」は画期的な飲み物ですよね。コーラやサイダーをはじめとする炭酸飲料は炭酸が抜けたら飲めたもんじゃありませんが、爽やかなカルピスソーダは炭酸が抜けてもただのカルピスに戻るだけですから・・・一粒で2度おいしい「アーモンドグリコ」の飲み物版といってもよいでしょう。, あれは…#プラッシー お米屋さんが届けてくれた。今もあるのか❓ pic.twitter.com/0a2CGUGH0E, お米屋さんで売っている一風変わったジュースでしたよね。当時はお米はお米屋さんに電話して配達してもらうものでした。そのついでに複数本ケースに入ったプラッシーを同時に持ってきてもらうのがポピュラーでしたね。, 自家用車が今のように普及していなかったので、スキを狙った当時としてはかなりイケていたビジネス形態といえるでしょう。同年代はみんなプラッシーを飲んで育っています。どの家庭もお米とプラッシーはセットで買っていたんですよ。, プラッシーはオレンジジュースの中でも独特のテイストが魅力。目をつぶって飲んでも「プラッシー」とわかる風味は唯一無二の存在といえます。, NCAAスポーツ飲料初期の代表的な飲料水味は薄くうまいものではなかった。 pic.twitter.com/EIno0cD15d, スポーツ飲料が世に出始めた頃に発売されたと記憶しております。ポカリスエットが当時も最もメジャーな存在でしたが独特の風味に馴染めず、そうかといってアクエリアスはヌルっとした感じで飲みづらさが合わず、最終的にはNCAAばかりを飲んでいました。サッパリとしたのど越しはスポーツ飲料に最も適していたと思うのですが、ご存知の方はいかがお感じでしょうか。, NCAA全盛の当時、私はテニスサークルに所属しておりました。夏の軽井沢合宿で炎天下の中、NCAAばかりをがぶ飲みしていたことを思い出します。, あの時好きだった同サークルの美智子妃殿下にも似た可憐な彼女は今、何をしているのかとこの文章を書きつつ思い出に浸っているところであります。, NCAAの情報を探りつつ、いろいろなサイトを徘徊してみましたが、NCAAがなくなった理由は同社製品に「ゲータレード」というもう一つの柱があったためというのが一番有力なようです。, 現在でもコカコーラ社の「ファンタ」シリーズには「グレープ」がありますが、約40年前には「ゴールデングレープ」なるプレミアム感あふれるワンランク上のグレープ味が存在しました。, 当時としては珍しい金色のパッケージでジュース自体の色も高級シャンパンのようにゴールドに輝いていた記憶があります。ノーマルのグレープよりも甘さは控えめでのど越しがよかったような気がします。私の感覚だと当時はスタンダードグレープよりも売れていたような気がしていましたが、いつのまにかなくなってしまいましたね。, 前途画像はお借りしたものですが、そちらを拝見するとこの缶はネットオークションで2万4千円で落札されたそうです。レトロ缶の収集家って結構いらっしゃるんですね。, ミリンダはペプシコで販売されたコカコーラの「ファンタシリーズ」に相当する飲料だったようですね。, 行きつけの駄菓子屋さんで売っていたので少しばかり金回りが良いときは「ちびっこコーラ」ではなく「ミリンダ」をチョイスしたものです。当時40~50円ぐらいだったと記憶しております。, 5種類ぐらいのフレーバーがあったのですが、見た目はどれもグロテスクなカラーでかき氷のシロップのような色だったと思います。大雑把な味で子供ながらにあまりうまくはない飲み物という印象はありました。, 海外では今も販売されているようですが、日本では見た目・味ともに難しい飲み物かと思います。, たしか、私が中学のときに発売されたと記憶しております。「ゲルニカ」が出演したCMがとても印象的でいまだに脳裏に残っているのです。かなりインパクトのあるCMなのでお時間があればぜひご覧ください。, あまり好きな味とはいえませんでした。マウンテンデューのような中途半端感があって、暑い日に一気に飲み干しても達成感がないというか・・・ガツンとした飲みごたえが欲しい私にとってとにかく物足りなさが残る飲料という印象でした。, メローイエローは発売後、すぐになくなった一発屋ジュースという印象があったのですが、その後も販売されていたようです。, タイプとしては前途でご紹介しました「スイートキッス」、一世を風靡した「マウンテンデュー」と系統は一緒でしょう。, この中途半端御三家の関係性がわかる興味深い貴重な情報がありましたので併せてご覧ください。, ジョージア テイスティは缶コーヒーではありますが、印象に残る飲料だったため、ちょっとばかり語らせてください。, 私が高校時代(約35年前)に発売されたショート缶のコーヒー飲料で、当時のコカコーラ社のコーヒーブランド、ジョージアシリーズの主力製品でした。現在ではその地位はエメマンに移っていますが、現在のエメマンに負けず劣らずかなり人気があったと記憶しております。, エメマンよりも甘めで「コーヒー臭」がきつかったような気がしています。ショート缶のコーヒーは週に1度の割合で今も飲んでいますが、歴代の缶コーヒーでは1.2を争うお気に入り商品だっただけになくなってしまったのは残念です。と。思いきや、調べてみたら今も売ってるんですね。, パッケージは当時モノとちょっと違うような気がしますが、味は同じなのかな!?最後に飲んだのが約30年前。今飲んだら当時の思い出が蘇るかもしれません。, 「ワンダ」といえばアサヒ飲料の主力製品であり、ジョージアエメマン、ボスと争う缶コーヒー界のトップに君臨する誰もがご存知のブランドですよね。, でもね、私は今のワンダはあまり好きではないのです。コクを感じないし、ちょっと甘いかな!?, ワンダは1997年に発売された初期バージョンが一番ウマかった。いつの間にかモデルチェンジしてしまって「モーニングショット」なる製品になりましたが、初期ものと比べると全く別物。, 初期バージョンは缶を開けた途端、挽きたて豆の香りがいっぱいに広がったものです。特殊な香料を使っていたとは思いますが、この香りファンは相当いたはず。「モーニングショット」はこの香りは引き継がれませんでした。何故だろうか。, あらゆる缶コーヒーを飲んできましたが、世にゴマンとある缶コーヒー中、このワンダ初期ものが一番ウマかったですね。なんで無くなったんだろう・・・, 平成に入ってからの飲料なのでブログ件名とはズレますが、最も思い出深いコーヒー飲料だったので語らせていただきました。, 時間をかけて過去を振り返ればもっとたくさん出てくるかとは思いますが、時間の関係できょうはこれぐらいにしておきます。. もっと昔をたどると、1985年には「チェリー コーク」という、さくらんぼフレーバーが販売されています。しかし、当時日本での評判はあまり良くなかったようで、ほどなくして販売は終了。その後、2006年に一度復活の後終了。2013年に、再度復活…と紆余曲折あったようです。また販売されるかもしれませんね。 シェアする: コカ・コーラの歴代ボトル。一番手前は 2005 年に発表されたアルミ製コンツアーボトル (Photo Credit: - NEED TRANSLATION ) 今年100周年を迎えた コカ・コーラ の コンツアーボトル 。 100周年を迎えるま … 2019年現在のコカコーラといえばペットボトルが主流。 500mm、1.5ℓ、2ℓと200mmの小瓶もありますね。 昭和40年代後半は250mmの細い缶タイプと今でもおなじみの200mm小瓶、そして500mmのホームサイズという瓶タイプがありました。 by mitok編集スタッフ, コカ・コーラは瓶(ビン)が一番おいしい? そんな話を聞いたりしますが、容器の種類によって中身が変わるはずないし、でも、そんな感じがしないでもなかったり……。なので、ひとまずビン・缶・ペットボトルの容器別にコカ・コーラの成分濃度をチェックしてみました(変わるわけないのにっ)。, コカ・コーラの濃度はアタゴ製濃度計『PAL-COFFEE(BX/TDS)』で計測しました(炭酸を可能な限り抜いたうえで、数回計測して安定した値を採用)。濃度はBrix(%)という値で表示され、コカ・コーラ100mlに含まれる全成分(可溶性固形分)の割合を示します(※)。※Brixは通常、Brix糖度(屈折率糖度)として水溶液中のショ糖量の割合を指しますが、コカ・コーラには他成分も含まれるため、それらも含めた濃度の計測となります。, [原材料名]糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)/炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン [栄養成分表示(100mlあたり)]エネルギー 45kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 11.3g、食塩相当量 0g, 上記のとおり、成分濃度は 10.25〜10.76% 。最大0.51ポイントの差はありますが、標準誤差というところでしょう。容器の種類によって成分濃度が変わることはないですね(そりゃそうなんですけど)。それでも、容器によって味が違うような気がする理由を推測すると以下のような感じでしょうか。, 容器の気密性や口当たりの感覚からして、ビン入りコカ・コーラがおいしく感じるのはあり得ますかねぇ。ただ、一般小売だとビンタイプは入手しづらいので、基本的にはペットボトルタイプなら賞味期限内に飲む、缶タイプならグラスに注いで飲む、というのがコカ・コーラをなんとなくおいしくいただく心得となるでしょうか。なお、ペットボトルの味が時間経過で変化する可能性があるといっても、賞味期限をかなり大幅に超過しない限りは問題ないと思います。, ※本企画で測定した濃度(Brix)は目安です。すべての商品で同様の結果になることを保証するものではありません。雑学ていどの感覚で認識しておいてもらえればと思います。, ※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。. ブランド要素とは、名称、ロゴマーク、キャッチコピー、キャラクターなど、ブランドを構成するさまざまな最小単位のことです。今回はブランドを構成する最小単位であるブランド要素について、120年以上の歴史があるコカ・コーラを元にご紹介します。 公開日 2019年09月23日 8:15| 11の出来事でたどる、コカ・コーラのボトルの歴史11 Facts about the Coca-Cola Bottle. 強炭酸でオリジナルのコカコーラに近い味だったような・・・サイズは子供ながらに「ちっちゃいなぁ」と感じておりました。プロポーションは抜群!瓶の下部にあるクビレがとにかくセクシー。子供の小さい手でも一周してしまうほどのサイズだったような。 駄菓子屋内ではちびっこコーラ� はたして、ジンジャーフレーバーは、レギュラーフレーバーとなるか? それとも、チェリーと同様、コアなファンを捕まえ、復活を繰り返すのか? 今から楽しみです。 2020 ... コカコーラcm曲には50 年以上の歴史があり 、大御所アーティストとして知られる 矢沢永吉や加山雄三、森山良子などがcmソングを担当したこともあります 。 今もなお人気の曲も多く、かつてのコカ・コーラcm 日本コカ・コーラ 商品ラインナップ ダイエット コカ・コーラ(北海道限定缶、2002年5月撮影。2007年4月2日より「ノーカロリー コカ・コーラ」に名称変更)地域によって取扱が異なるが、おおむね次の商品が販売される。 最終更新日 2019年09月23日 8:28 コカコーラのcmソング28選!洋楽や歴代の名曲を紹介 2020年11月 .

ダイソー メタリックペイント クリア 4, Excel 2軸 凡例 14, アプリが停止 しま した Android 4, 散水栓 修理 費用 13, シンプルスタイル Sim 差し替え 9, 英語 授業 板書 6, ドラクエタクト 事前登録 メリット 59, 映画 ミュンヘン ネタバレ 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *