クレソン ジャーニー エボ ライト x 5

© 2020 Grander, Inc. All Rights Reserved. 「クレソンボヤージュW エボライト」は日本最大級のキャンピングカービルダー「ナッツRV」の中でも、特に高い人気を誇るクレソンシリーズに、高効率充電システム「エボライト」を搭載したファミリータイプのキャンピングカーです。, クレソンボヤージュW エボライト ビルダー:ナッツRV タイプ:キャブコン ベース車両:カムロード(TOYOTA) 価格:¥6,395,400〜 乗車定員:7名 就寝定員:6名 全長:4990mm 全幅:2070mm 全高:2910mm, ※本記事では「クレソンボヤージュW エボライト」、「クレソンボヤージュW」 のどちらにも共通する情報の場合は「クレソンボヤージュW」と表記しております。, 車内は耐久性が高く、汚れがつきにくい素材の「PVC」を使用した家具で統一されており、高級感がありつつもナチュラルで居心地の良さを感じる内装になっています。家具の色は4色、シートの生地は6種類から選ぶことができ、自分好みにカスタマイズできる点も魅力的です。, キャンピングカーの本場であるヨーロッパでトップのシェア率を誇る「ハータル社」のエントランスドアは防音、断熱に優れています。また扉の内側には網戸が収納されているため、夏場の風通しを確保することができます。, クレソンボヤージュWタイプは4人家族を想定した造りになっています。車内後方には常設2段ベットが設置されており、成人男性でも就寝可能なゆとりある広さです。, また、2段ベットの下は外からも開閉可能な収納スペースになっています。ここにキャンプ用の道具などを入れておくと、車内に入って荷物を取り出す手間が省けるのでかなり便利です。, 運転席上部にはスライド式のベットが設置されています。収納時には運転席から居住スペースへの移動も容易にできます。, ロックを外し、内側に引っ張ると写真のように大人2人が就寝できるスペースが出来上がります。梯子も付いているので、上り下りも簡単に行うことができます。, クレソンボヤージュWのテーブルセットは可変式になっており、取り外して折りたたむことができます。, 椅子と椅子の間に多少の出っ張りがあるので、そこに机をスライドさせると、上の写真のように椅子と椅子の間に机が固定されます。, その上にクッションを乗せてあげれば、ベットの完成。クレソンボヤージュWはそれぞれのベットにかなりの広さがあるのも特徴と言えそうです。, クレソンボヤージュには標準装備でシンクシステムと給排水タンク(20L)が付いているので、手を洗うことはもちろん、食器や汚れ物を洗うこともできます。また、シャワー部分はノズルタイプになっているので、伸ばして使うこともできます。, 給排水タンクの扱い方はとても簡単で、左側のタンクに水を入れて、電動ポンプを取り付けるだけです。右側のタンクは排水用です。, マルチルームはカセットトイレを設置できるぐらいのスペースがあり、完全防水仕様になっています。写真のように外側から開閉することもできるので、水着や釣り道具など濡れたものを収納するのに便利そうです。オプションになりますがシャワールームにすることも可能です。, クレソンボヤージュWではボディに「FRP」と呼ばれる繊維強化プラスチックという素材を使用しており、継なぎ目がなく綺麗な外装が特徴です。特にナッツRVの表面の磨き上げは業界一とも言われ、圧倒的な見た目の美しさがあります。, クレソンボヤージュの窓はアクリル製の二重窓。窒素が中に注入されていることにより、ガラス窓よりも結露しにくくなっています。また、写真からもわかるように外からは中の様子が見えにくくなっていますが、透過率は高いため中からは外がはっきりと見えます。, DRIMOでも何度か紹介しているマックスファン(換気扇)が標準装備で付いています。(マックスファンについての記事はこちら)このマックスファンにより車内の吸気・排気を効率的に行えるようになるので、特に夏の蒸し暑い時期には必須の装備です。, 上の写真のように換気扇を使用しているときも、雨が入ってこないように施工されているので安心です。, 「クレソンボヤージュW エボライト」の最大の特徴とも言えるEVOLITEシステムは、走行充電と急速充電システムを融合させた「高効率充電システム」です。, 3つのディープサイクルバッテリー(サブバッテリー)を搭載し、エンジンをストップした状態でも約8時間家庭用エアコンを稼働させることができます。仮にサブバッテリーの充電がなくなったとしても、EVOLITEシステムであれば、約4〜5時間の走行で3つのバッテリー全てをフル充電することも可能です。. © 2020 Grander, Inc. All Rights Reserved. 今回の記事では国内最大級のキャンピングカービルダー、ナッツRVから『CRESSON JOURNY TYPE X EVOLITE(クレソン ジャーニー タイプX エボライト)』を紹介する。, クレソンジャーニーは同社のロングセラー「クレソンボヤージュ」の後継車としてフルモデルチェンジして新登場した。, クレソンボヤージュはFRP一体成型シェルであったがクレソンジャーニーでは、ボーダーやクレアと同じパネル構造が採用された。ただし、ボーダーとは異なりアルミコンポジットパネルではなく、FRPコンポジットパネルである。, 断熱効果と遮音性が格段に向上した『クレソンジャーニー』はキャブコンの新スタンダードになるかもしれない。, CRESSON JOURNY TYPE X EVOLITE ビルダー:ナッツRV タイプ:キャブコン ベース車両:トヨタ カムロード 価格:¥6,529,000~ 乗車人数:7名 就寝人数:6名 全長:4,990mm(ラダー含まず) 全幅:2,080mm 全高:2,900mm, 前述したように現行のクレソンボヤージュとの最大の違いは、キャブコンの根幹とも言えるシェルの構造にある。, 一般的に国内のキャブコンはFRP一体成型ボディと呼ばれる製法で作られていることが多く、クレソンボヤージュもこの製法を踏襲していた。, しかし、ナッツRVでは2019年にパネル工場を新設することにより、パネルの質の向上と量産化に成功し、FRP一体成型ボディでは成し得なかった、両側面と背面だけでなく天井と床にも断熱材を導入したFRPコンポジットパネル構造を実現させた。, 見た目としてはパネル構造になった分、クレソンボヤージュから丸みをとったようなスタイルになっている。, 基本的には4人掛けとなっている対面式ダイネットだが、トライアングルシートと呼ばれる三角形の補助シートをエントランス部分にはめ込めば5人でもゆったりと寛げる広々としたスペースになる。, サードシートには3点式のシートベルトを採用しているのでチャイルドシートを設置することも可能だ。, また、テーブルを下げ、シートの背もたれ部分を外しテーブルの上にはめ込めば、ベッドにすることもできる。, 全長192cmとかなりゆとりあるサイズになるので、長身の大人でも悠々と就寝することができるだろう。友人や旅先での来客時に重宝しそうだ。, 『クレソンジャーニー タイプX』のテーマにもなっている「STAY&RELAX(快眠&くつろぎ)」の通り、車内後方には寝心地の良さそうなダブルベッドサイズ(1,900mm×1,400mm)のハイマウントベッドが設置されている。, ベッドにはウッドスプリングが採用され、寝心地の良さはもちろん通気性も良いのでカビ対策にもなる。, ベッド下は大容量の収納スペースになっており、車内、車外側面、車外後方の3方向からアクセスが可能。, 悪天候時は外に出ずとも中の荷物を取り出すことができたり、外遊びの道具など、汚れたものを車内に持ち込まずに収納でき、使い勝手が良い。, 運転席上部は1,870mm×1,800mmのバンクベッドが設置され、大人2名が就寝することが可能な広々としたベッドスペースになっている。, スライド式なので、使用しない時は上の写真のように収納しておけば車内空間を圧迫することもない。両サイドに窓も付いているので実際に寝てみると実寸のサイズ以上に広く感じるだろう。, エントランスから入ってすぐ右側にはギャレーが設置されている。シンクにはガラス製の蓋が付いるので閉めればシンクの上も調理スペースとして使用することが可能だ。, ギャレー上部には標準装備で電子レンジがビルドインされ、下部には90Lの冷蔵庫もある。, 長期での車旅を想定するなら電子レンジと冷蔵庫は欲しい装備なのでこの2つが標準装備に含まれているのは嬉しい。, 冷蔵庫右側には収納スペースがあり、調味料や食器類はここに片付けて置くことができる。限られた車内スペースを上手に使った使い勝手の良いギャレーと言えそうだ。, シーズン通して快適な車中泊をするには必要不可欠な、家庭用エアコンやFFヒーターが標準装備されている。, また、ベンチレーター(マックスファン)も標準で装備されているので、車内の換気もバッチリだ。, クレソンジャーニーに採用されている家具類はパウダーオークとダークオークの2種類の色から選ぶことができる。, ここまで紹介してきた写真は、ナチュラルで明るめの色のパウダーウォークだが、下の写真のようにより深め目の色合いが好きな人はダークオークもおすすめだ。, クレソンジャーニーのエボライトシリーズで採用されているEVOLITEは、走行充電と急速充電システムを融合させた「高効率充電システム」を採用している。, 3つの105Ahのディープサイクルバッテリー(サブバッテリー)を搭載し、外気温やその他の電化製品の使用状況にもよるが、エンジンをストップした状態でも約8時間家庭用エアコンを稼働させる能力を持つ。, 仮にサブバッテリーの充電がなくなったとしても、EVOLITEシステムであれば、約4〜5時間の走行で3つのバッテリー全てをフル充電することもできる。, また、インバーターは消費電力の大きな家電に対応できるよう1500Wのタイプのものが標準装備されている。, 長期の車旅では電源問題がネックになることが多いが、EVOLITEシステムがあればその心配もかなり軽減されるだろう。, 今回はナッツRV社の『CRESSON JOURNY TYPE X EVOLITE(クレソン ジャーニー タイプX エボライト)』を紹介した。, この記事でメインで紹介したのは”TYPE X”だがクレソンジャーニーはTYPE Xの他にもTYPE WとTYPE Rの計3種類が存在する。, 前述した新パネル工法でシェルが製造されている点は共通しているが、内装がオーナーの利用シーンに合わせてそれぞれ異なっている。, TYPE Wはファミリータイプのスタンダードなモデルで、対座式のダイネット、後方には常設の2段ベッドが設置され、煩わしいベッド展開を行わなずに大人4人がそのまま就寝できるようになっている。, TYPE Rは「究極の2人旅」をテーマに大型のサイドソファーやセミダブルの常設ベッドなど、広い車内空間を贅沢に使った、2人がゆったりと寛げるデザインになっている。, この2つのタイプにはマルチルームがあるので、シャワールームやトイレをキャンピングカーに求める方にとっては、WやRが候補となるだろう。, クレソンジャーニーが気に入った方はぜひTYPE W、Rも合わせてチェックしてみて欲しい。.

バイク ブレーキディスク ガタガタ, 羽田空港 連絡バス 乗り場, Mysql Localhost 接続できない, 堀 北真希 復帰 なし, クレジットカード 勤務先 出向, 第五人格 お化け屋敷 ハウスルール, どこでもディーガ 接続できません 30010100, 2歳 ワーク シール, プロスピ2019 キレ 取得方法,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *