インプレッサ 最低地上高 雪道 12

近年はSUVブームにより、スバル XVのようなクロスオーバーを含めたSUVの選択肢が非常に幅広くなっている。, この点は喜ばしいことであるが、それゆえSUVやクロスオーバーに分類されても、乗用車的なモデルからラフロードに強いモデルまで幅広く、「SUVらしく雪道などを走れるのか?」と感じるモデルもある。, そうしたなかで指標のひとつにあげられるのが「最低地上高」だ。一般的に最低地上高が高くなれば、さまざまな路面への対応力=走破性も上がるが、実用上どの程度の最低地上高が必要なのか?, 本稿ではSUVで気にしたいスペックのひとつ「最低地上高」に着目して、“SUVらしく使うのに必要な最低地上高”を考えてみたい。, 「SUVをSUVらしく使う」、「SUVの魅力を存分に味わいたい」というなら、最低地上高はある程度は欲しい。その理由は以下の2つ。, オフロードコースのような悪路を走ることはないにしても、キャンプなどするために河原のようなところに入っていく、深い雪や柔らかい新雪といった雪道でフロア(床)が地面と接触しないというのはSUVにぜひ欲しい要素だ。, また、最近はFFがほとんどとなる2WDのSUVも増えているが、横滑り防止装置に代表される電子制御デバイスやスタッドレスタイヤの目覚ましい進歩もあり、4WDでなくとも最低地上高が確保されていれば2WDでも問題なく対応できることも少なくない。その意味でもSUVならある程度の最低地上高はほしい。, このことはクロスオーバーがわかりやすく、車種による違いも大きいのだが、最低地上高が適度に高いと腰を屈めなくても、スムースに乗降できることがある。, また、最低地上高は運転する際の視点の高さにつながり、見晴らしが良くなる場合もある。この点は平成初期にパジェロのようなSUVがブームになった理由の1つでもあり、SUVらしさが際立つ。, 主な日本車SUV&クロスオーバーの最低地上高(4WDの場合)のは以下の通りである。, SUV&クロスオーバーは、最低地上高を含めて見てみると、「SUVなのかクロスオーバーなのか、シティ派なのかオーソドックスなSUVなのか」といった大まかなクルマのキャラクターやポジションが見えてくると思う。, この点は駆動方式や電子制御デバイスを含めたトラクション(駆動力)性能、床下の形状、前後のオーバーハング(前後輪の中央からボディに前端、後端までの長さ)も影響するので、最低地上高だけでは言い切れないのだが、筆者は180mmを基準にしている。, その理由は非常に簡単で、「SUVらしい」と感じられるモデルの最低地上高はほぼ180mm以上だからだ。, もちろん180mm以下だからダメということではなく170mmあれば許容範囲だが、160mm以下のモデルはSUVというより「乗用車+αのクロスオーバー」と考えた方が無難だろう。, SUVやクロスオーバーを選ぶ際には、最低地上高も1つのポイントに自分の使い方にあったものを選んでほしい。, また、最近はSUVブームも影響し、SUV&クロスオーバーだけでなく軽トラックや軽ワンボックスカーを含め、カスタマイズ業界では車高を下げるシャコタンとは対照的な“シャコアゲ”が静かなトレンドとなっている。, 筆者もマイカーの1台である最後のスバル製サンバーをシャコアゲして乗っているが、シャコアゲにはいくつかのやり方がある。代表的なものとしては以下の4つだ。, (1)シャコアゲに対応した車高調サスペンション(大きなメーカーではテインやタナベ)、スプリング(タナベなど)に換える, (3)タイヤ外径を大きなものにする(この場合はスピードメーターの誤差が標準状態と異なる可能性もある), 筆者は(2)の方法でサンバーをシャコアゲしており、(1)のスプリング交換や(2)の場合には車高が上がることに対応して、クルマの上下動を抑える役割を持ち、ロールの起き方に大きく影響するショックアブソーバーを強化した良質なものにした方がいいだろう。, また、シャコアゲをするなら、悪路を走るかはともかくとして見た目の理由だけでもいいので、タイヤを東洋タイヤの「オープンカントリー」シリーズや横浜ゴムの「ジオランダー」シリーズのようなゴツいものにするのも面白く、自分のものや選ぼうとしているSUV&クロスオーバーの最低地上高に不満があるならシャコアゲするのもいい。, ただ、シャコアゲの範囲にも法規があることに加え、デメリットがある場合もあるので、ほどほどの範囲でというのが吉だろう。, 日本市場が痩せていく… 車種削減は必然か愚行か!?? 最低地上高200mm以上だと、xv、cr-v、rav4などが該当する SUV&クロスオーバーは、最低地上高を含めて見てみると、「SUVなのかクロスオーバーなのか、シティ派なのかオーソドックスなSUVなのか」といった大まかなクルマのキャラクターやポジションが見えてくると思う。 ホンダ ザッツの叶わなかった挑戦【偉大な生産終了車】, 高速道路SA・PAのEV用急速充電器はなぜ増えない? 背に腹はかえられない切ない事情, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…. Copyright © 2017 ひつじ茶屋 All Rights Reserved. 今回は、2020年10月8日のマイナーチェンジ(年次改良)にてE型となったスバル「インプレッサ」と、2020年9月4日のマイナーチェンジ(年次改良)にてE型となったスバル「SUBARU XV」の違いを徹底比較いたします。, 一見すると、「インプレッサ」と「SUBARU XV」の違いは、最低地上高と悪路走破性程度に思えますが、その他の項目でどれほど違うのか?!, スバル「インプレッサ」は、1992年から販売されているCセグメント車です。ボディタイプはハッチバックタイプとセダンタイプの2種類設定されています。, 最新の5代目「インプレッサ」は、新プラットフォームSGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)を採用した第1号車種として2016年10月に発売されました。, 3代目「インプレッサ」までは2.0Lターボエンジンモデルがあったり、4代目まではMT設定があったりなど、選択肢が比較的多くあったのですが、5代目ではターボもMT設定もなくなってしまい、スバルファンとしては少し残念ですね。, 2017年のマイナーチェンジ(年次改良)にて後退時自動ブレーキシステムの追加や「サイドビューモニター」の追加が行われ、2018年には「オートビークルホールド」が追加されています。, 2019年10月10日に行われたマイナーチェンジ(年次改良)により「ツーリングアシスト」の全車標準装備やエクステリアの大幅変更が行われました。, 2020年10月8日のマイナーチェンジ(年次改良)による変更内容は、以下の記事にまとめています。最大の変更点はe-BOXER搭載車の追加です。, 理由は、1.6Lガソリン車と比較して車内にソフトパッド部やメッキ加飾が多くなることで質感が向上し、遮音ガラスにより静粛性が向上するメリットもあるからです。そして何より2.0Lエンジンが搭載されるからです。, ただし、装備が充実した「1.6i-S EyeSight」と約17万円もの価格差があるため、車内の質感や”走り”に不満がないのであれば、お得な「1.6i-S EyeSight」がおすすめです。, 正確には、2010年当初は「インプレッサXV」という名称でした。しかし、わずか約1年5ヶ月後の2011年10月で生産終了となります。そして、2012年9月から「SUBARU XV」の名称での再デビューとなります。, 現在の「SUBARU XV」と異なり、2代目「SUBARU XV」は、1.6L NAモデルは存在せず、2.0L NAモデルとマイルドハイブリッドモデルのみのグレード構成となっていました。, 最新の3代目「SUBARU XV」が2017年5月24日に発売、2018年10月19日に「e-BOXER」を搭載したマイルドハイブリッド(2.0L)モデル「Advance」の発売となりました。, 2018年10月のマイナーチェンジ(年次改良)にて、後退時自動ブレーキシステムの追加や「サイドビューモニター」の追加、「オートビークルホールド」の追加なども行われています。, 2019年10月10日に行われたマイナーチェンジ(年次改良)により「ツーリングアシスト」の全車標準装備や2.0Lガソリン車の廃止及びe-BOXER搭載車の拡大が行われました。, 2020年9月4日のマイナーチェンジ(年次改良)による変更内容は、以下の記事にまとめています。最大の変更点はエクステリアの変更です。, 「SUBARU XV」のおすすめグレードは、「2.0e-L EyeSight」です。, 理由は、e-BOXER搭載車で比較すると、「2.0e-L EyeSight」と「2.0e-S EyeSight」及び「Advance」とはそこまで装備差はなく、かつ5~10万円程度安く購入できるからです。また、1.6L車と比較すると、燃費性能差が実燃費で2.0km/L程度あるため、減税を考慮した価格差約24万円は10年間使用すると、ほぼ消滅する可能性が高いからです。 ※年間走行距離1万km、燃料代140円で計算した場合, ・インプレッサスポーツ 全長(mm):4,475 全幅(mm):1,775 全高(mm):1,480~1,515 ホイールベース(mm):2,670 車両重量(kg):1,300~1,400、e-BOXER搭載車は1,520~1,530 最小回転半径(m):5.3~5.4 最低地上高(mm):130~135, ・SUBARU XV 全長(mm):4,485 全幅(mm):1,800 全高(mm):1,550 ホイールベース(mm):2,670 車両重量(kg):1.6L車は1,410、「2.0e-L EyeSight」は1,530、「Advance」他は1,550 最小回転半径(m):5.4 最低地上高(mm):200, 「インプレッサ」をベースにしているだけあって、ボディサイズはかなり酷似しています。, 最低地上高が「SUBARU XV」の方が高いことは言うまでもありませんが、車両重量は同じ1.6L車で比較すると最大で110kgも異なるのです。これは「SUBARU XV」が2WD車を設定していないことも大きいですが、AWD車で比較しても「インプレッサ」の方が50kg程度軽くなっています。, 一方、e-BOXER搭載車は車両重量の差がほとんどなく、何れも1,500kgを超えるため車検時に払う重量税が他のグレードと比べると8,200円高くなります。ただし、新車購入時は諸費用が6万円程減税されます。, 燃費性能は、JC08モード、WLTCモード、ユーザーが投稿した実燃費を集計したe燃費の値にて比較します。 ※実燃費は季節や使用環境により異なります。, ※補足:WLTCモードとは JC08モードはエンジンが温まった状態からの測定結果を75%、エンジンが冷えた状態からの測定結果を25%の比率で燃費を算出していました。WLTCモードでは、エンジンが冷えた状態からの測定結果のみを使用し、乗員や積載物の重量も考慮されることになり、これまでのJC08モードよりも実燃費値に近い条件となります。, ・「1.6i-L EyeSight」※2WD →17.2km/L(JC08モード) →14.1km/L(WLTCモード) →13.17km/L(e燃費より), ・「2.0i-L EyeSight」 →16.0km/L(JC08モード) →14.0km/L(WLTCモード) →12.35km/L(e燃費より), ・「2.0e-L EyeSight」、「Advance」 →19.2km/L(JC08モード) →15.2km/L(WLTCモード) →14.25km/L(e燃費より), ・「1.6i EyeSight」、「1.6i-L EyeSight」 →15.8km/L(JC08モード) →13.3km/L(WLTCモード) →10.91km/L(e燃費より), ・「2.0e-L EyeSight」、「2.0e-S EyeSight」、「Advance」 →19.2km/L(JC08モード) →15.0km/L(WLTCモード) →13.51km/L(e燃費より), カタログ燃費で比較しても実燃費で比較しても僅かに「インプレッサ」が優れているだけで、ほとんど違いはありません。, 走行環境や季節によって異なりますが、各社概ね11~14km/L程度になるでしょう。, 簡単に書くと、「最高出力」の値が高い車は速く走れる車で、「最大トルク」の値が高い車は加速が速い車ということですね。ただ、エンジンやモーターの特性、空力性能や車両重量などにより加速性能は全く異なりますので、単に”トルクの値が大きいから加速が速い”というわけではありません。, ・「1.6i-L EyeSight」、「1.6i-S EyeSight」→最高出力 85kW〈115PS〉/6,200rpm →最大トルク 148N・m〈15.1kgf・m〉/3,600rpm, ・「2.0i-L EyeSight」、「STI Sport」 →最高出力 113kW〈154PS〉/6,000rpm →最大トルク 196N・m〈20.0kgf・m〉/4,000rpm, ・「2.0e-L EyeSight」、「Advance」 エンジン →最高出力 107kW〈145PS〉/6,000rpm →最大トルク 188N・m〈19.2kgf・m〉/4,000rpm モーター →最高出力 10kW〈13.6PS〉 →最大トルク 65N・m〈6.6kgf・m〉, ・「1.6i EyeSight」、「1.6i-L EyeSight」 →最高出力 85kW〈115PS〉/6,200rpm →最大トルク 148N・m〈15.1kgf・m〉/3,600rpm, ・「2.0e-L EyeSight」、「2.0e-S EyeSight」、「Advance」 エンジン →最高出力 107kW〈145PS〉/6,000rpm →最大トルク 188N・m〈19.2kgf・m〉/4,000rpm モーター →最高出力 10kW〈13.6PS〉 →最大トルク 65N・m〈6.6kgf・m〉, ガソリン車で比較すると、最大で110kg軽い「インプレッサ」の方が加速性能は軽やかです。, e-BOXER搭載車はガソリン車より200kg以上重いため、加速感も重く感じます。, 特に走りにこだわるなら「インプレッサスポーツ」の「STI Sport」がおすすめです。, エンジン性能ではありませんが、「SUBARU XV」には悪路走破性を高める「X-MODE」が装備されています。この「STI Sport」や「X-MODE」の搭載の有無が両車の大きな違いの1つです。, まさに”走り”なら「インプレッサ」、”悪路”なら「SUBARU XV」といった形です。, スバル「インプレッサ」の室内長は2,085mm スバル「SUBARU XV」の室内長は2,085mm, 室内高で比較しても、「インプレッサ」が1,200mm、「SUBARU XV」が1,200mmと、室内長も室内高も全く同じです。, 「インプレッサスポーツ」が385ℓ(e-BOXER搭載車は340ℓ)、「SUBARU XV」は385ℓ(e-BOXER搭載車は340ℓ)と、ラゲッジスペースで比較しても全く同じです。モーターの関係でe-BOXER搭載車はラゲッジスペースが少し狭くなります。, 安全性能について、比較していきます。 下表に各車の安全装備を整理しています。同機能の装備を同行に示しています。, 2019年までは「SUBARU XV」だけ「フロントビューモニター」が採用されていない状態で差異がありましたが、2020年の改良で違いは全くなくなりました。, 上記の他、e-BOXER搭載車には「全車速追従機能付クルーズコントロール」に「ECOクルーズコントロール」機能が追加されており、モーターアシストと回生ブレーキを最大限活用し、より燃費に配慮した追従制御を行えます。, また、「インプレッサ」だとe-BOXER搭載車と「STI Sport」にしか装備されない、危険回避とコーナリング性能に寄与する先進機能「アクティブ・トルク・ベクタリング」が「SUBARU XV」だと全車標準装備となっています。, 「インプレッサ」のおすすめグレードは、「1.6i-S EyeSight」(2WD/5人乗り)が約224万円、「2.0i-L EyeSight」(2WD/5人乗り)が約224万円となります。, メーカーオプションの「アイサイトセイフティプラス」、ディーラーオプションのナビ、ETC、リアカメラ代等を加えると、「1.6i-S EyeSight」が約252万円、「2.0i-L EyeSight」が約269万円となります。, 比較のために「2.0e-L EyeSight」(AWD/5人乗り 約256万円)に同オプションを設定した場合の価格は、約302万円となります。 ※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+25万円程度の価格になります。, 「SUBARU XV」のおすすめグレードは、「1.6i-L EyeSight」(AWD/5人乗り)で約233万円、「2.0e-L EyeSight」(AWD/5人乗り)で約265万円です。, メーカーオプションの「アイサイトセイフティプラス」、ディーラーオプションのナビ、ETC、リアカメラ代等を加えると、「1.6i-L EyeSight」は約280万円、「2.0e-L EyeSight」は約310万円となります。 ※上記の価格は税金などの諸費用を足していません。諸費用を足すと+15~25万円程度の価格になります。, 上記の価格は税金などの諸費用を足していませんが、値引き額で概ね相殺されるでしょう。e-BOXER搭載車は諸費用が減税されるため、ガソリン車より6万円程度お得です。, 上記金額を比較すると、同じ1.6Lガソリン車で28万円程度「インプレッサ」の方が安く購入できます。ただし、「インプレッサ」も同じAWD車とした場合は、その差が6万円程度に縮まります。, 同じ「2.0e-L EyeSight」を比較した場合、8万円程度「インプレッサ」の方が安く購入できます。, 上記の通り、AWD車で比較すると両車の金額差は10万円を切るため、AWD車を購入したい場合は悪路走破性や装備差を考慮すると「SUBARU XV」を購入した方がお得です。, ただ、AWDである必要性がなく、コストや走りを重視する場合は「インプレッサ」の方が良いでしょう。特に「1.6i-S EyeSight」がダントツでお得です。, さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!, 上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!, また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。, ■中古車のメリット、デメリット 新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。, ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。, なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。, ■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ! 中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。, ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。, 特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。, その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。, ■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある! 中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。, また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。, ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。, ■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス! ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。, 期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。, ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!, 気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう! ※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。, しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!, 中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバーの無料査定がおすすめです。, 買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績とサービスの良さ、信頼性があります。, 中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。, ■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由 中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。, ■筆者の一括査定体験談 買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。, ■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう! 高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。, 高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。, 私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。, 私のような後悔をしないためにもガリバーで無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう。, ※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。, 今回は、スバル「インプレッサ」(E型)とスバル「SUBARU XV」(E型)の違いを徹底比較してみました。, 昨今、SUV人気で「SUBARU XV」の方が人気度は高いかと思いますが、個人的には「インプレッサ」の方がおすすめです!, 軽やかな加速性能、そしてトップクラスの安全性能を有したクルマを比較的安く購入できるというメリットが「インプレッサ」にはあります。, 「当ブログについて」、「筆者プロフィール」、「免責事項」の詳細、「お問い合わせ」については、ヘッダのこのブログについてよりお願いします。, 【新型 スバル インプレッサ】マイナーチェンジ(2020)E型の違い・変更点!おすすめグレードはAdvance!?STI Sport!?, 今回は、2020年10月8日に行われたスバル「インプレッサ」のマイナーチェンジ(E型改良モデル)による変更点をまとめてみました。最大の変更点はe-BOXERが搭載されたことですが、その他どこが変わったのか!?また、新型「インプレッサ」の最新おすすめグレードは何なのか!?徹底検証してみました。, 【新型スバル SUBARU XV】マイナーチェンジ(2020)の変更点!E型とD型の違いを比較してみた!, 今回は、2020年9月4日に行われたスバル「SUBARU XV」のマイナーチェンジ(大幅改良)による変更点をまとめてみました。また、今回の改良でE型となった「SUBARU XV」のエクステリア(外装)やインテリア(内装)をD型と徹底比較、最新のおすすめグレードも徹底検証してみました。, 今回は、”5ナンバーセダン”であるトヨタ「カローラアクシオ」とホンダ「グレイス」が一体どう違うのか!?ボディサイズ・運転のしやすさ・燃費性能・エンジン性能・室内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)いたします。, 今回は、2019年11月27日に発売された新型フォルクスワーゲン「T-Cross(Tクロス)」にがっつり試乗してきましたので、良かった点や気になった点をトヨタ「ライズ」や「C-HR」、ホンダ「ヴェゼル」と比較しながらご紹介します。価格は「ライズ」より80万円以上高く「ゴルフ7ディーゼル」より高い!?, 今回は、2019年4月10日に発売(フルモデルチェンジ)された新型トヨタ「RAV4」が”最もおすすめなSUVである”と感じた理由をご紹介します。加速性能、燃費性能、4WD性能、安全性能、車内の広さ、そしてなんと言っても価格が安く、コスパが良い新型「RAV4」はかなりおすすめです!, 今回は、2019年7月9日に発売されたダイハツ「新型タント」のノーマルモデル及びカスタムモデル、ノンターボ車及びターボ車にがっつり試乗してきましたので、良かった点や気になった点をまとめてご紹介します。また、試乗時に確認した値引き額、試乗した上で選んだ”おすすめグレード”もご紹介します。, 今回は、2018年6月にデビューした「カローラ スポーツ」、2019年9月にフルモデルチェンジされた新型「カローラ」及び「カローラツーリング」の追加モデル「GR SPORT」、「トレック(TREK)」情報をまとめてみました。, 今回は、2019年10月10日にマイナーチェンジ(年次改良)が行われD型となったスバル「SUBARU XV」、2019年10月18日にマイナーチェンジが行われたトヨタ「C-HR」、ホンダ「ヴェゼル」の違いを、ボディサイズ・燃費性能・加速性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較いたします, 筆者はスバル「インプレッサスポーツ」のオーナーでCセグメント車が好きなため、多くのCセグメント車に試乗してきました。ほぼ全ての国産Cセグメント車の記事を公開できたので、国産Cセグメント車を一覧にしてまとめてみました。, 今回は国産Dセグメント セダンであるトヨタ「カムリ」と「マークX」を比較しながらご紹介します。同じトヨタのDセグメント車同士でエンジン以外でどう異なるのか!?各項目で2車の違いや価格差などを徹底比較、評価(レビュー)してみました。, トヨタ「カローラツーリング」とスバル「インプレッサ」を徹底比較!どっちが買い!?【2020年 最新版】, マツダ「MAZDA3」とスバル「インプレッサ」の違いを徹底比較!どっちが買い!?【2020年 最新版】, 【新型ホンダ オデッセイ】マイナーチェンジ(2020)の違い・変更点!おすすめグレードは○○!, 【最新】トヨタ「クラウン」と「カムリ」の違いを比較!どっちがおすすめ!?【2020年版】, 【クラウン】マイナーチェンジ(2020年11月 一部改良)の違い・変更点~おすすめグレードは○○!, ミニバン1位~3位比較!セレナ・ヴォクシー・ステップワゴンを試乗・比較・評価!【ミニバン おすすめ 2020年 最新版】.

チッパー はつり コツ 4, 着信 名前 表示されない 9, 降水量 7mm ゴルフ 6, トランペット 防音室 自作 10, Srs X1 説明書 4, バナナフィッシュ 男が読ん でも 7, イガリシノブ メイク 一重 9, ジャニーズ 名言 セクゾ 41, フォートナイト スキン 交換 6, 暗黒騎士 装備 Ff11 14,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *